• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【マッキンゼー】「パーソナライゼーション2.0」が来る

NewsPicks編集部
2598
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    ヴィジョナリーブランド株式会社 代表取締役社長

    クロスファンクショナル(部署の垣根を越え横断型)なコミュニケーションと組織は、想像以上の結果をもたらします。同時になかなか横串で連携がチャレンジな企業が多いのも事実。

    営業とマーケティングがONE TEAMとなり、お互いに良い意味で刺激し合いながらも素晴らしいチームワークの組織にいた経験がありますが、何より会社の目標へ一緒に向かうという仲間意識がお互いの部署のメンバーにも素晴らしい相乗効果を生みます。営業とマーケティングという違う立場同士だからこそ、様々なアイデアが出てお互いにさらに良いものを創り出せる。

    マーケティングとは独りよがりでは成り立ちません。フロントビジネスである営業や製造部隊の想いやニーズをしっかりと受けとめてこそ、効果的なマーケティングに繋がりますね。


  • NewsPicks編集長

    マッキンゼーで30年マーケティングプロジェクトを手掛ける菅原さん。印象的だったのは消費者は一度「成熟」してしまうと、2度と元には戻れないとのコメントです。だからこそ、パーソナライゼーションされたサービス・製品を知ってしまった人はプラットフォームには満足できなくなる、と。

    では我々サービス提供者はどうやってパーソナル対応に備えるべきか?そのヒントが満載であると同時に、昨今のマーケティング手法として定着しつつあるアジャイルの具体的なコツまでカバー。

    さて次世代マーケティング人材は、どこにいるのか? また、どうやったらなれるのか?詳しくは本文をお読みください。


  • badge
    慶應ビジネススクール 教授

    アジャイルマーケティングにしてもそうだと思うのですが、マーケティングの基本課題は昔から言われていることで、それがある時期「データの民主化」によって「なんでも分析すればいいんだ」と勘違いされ、今もう一度「実はデータ民主化をうまく取り込むのは簡単ではない」ことが再認識されているのだなと感じました。

    ちなみに、自己実現も大事ですが、今は圧倒的に承認欲求の時代になっているのではと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか