新着Pick
17Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは本当にそうだなぁと思います。アピールというと言葉は軽いですが、実績や努力を見えるようにしてくれた部下の方を評価するのは当然です。

また、多くの上司は「自分の期待に応えてくれる部下」を常に探しています。そういう人がいたら「いち早く引き上げていきたい」と思っています。

ただし部下の立場では、「誰に認めてもらいたいか」をちゃんと選ぶのも大事なことだと思います。

自分も若い頃「お前なかなか見どころあるから、俺が引き上げてやるよ(ほんとにこういう言い方だった)」と言われたことがあります。何となくその人みたいになりたいと思えなかったので、「いや、いいです」と言ってしまったことがあります。

人は、ポジションが上がれば上がるほど孤独になります。それゆえ自分の腹心が欲しくなるのは必然ですが、どうもその人は単純に自分の取り巻きを増やしたいだけのようにも見えたからです。

「自分を引き上げてくれる人を作れ」が真であると同時に、「誰についていくか」は自分の成長の方向性を決める重要な決断でもあります。その人が「会社のため」に、「部下本人をよく見て」引き上げようとしてくれているか、単に自分の影響力を増したいだけではないか、について考えることも重要ではないかと思います。

------
私も若い頃は、実力をつけて実績さえ残せば、よいキャリアを歩めるし、出世もできると思っていました。企業は有能な人材を確保し、活用することは必須。この世は実力主義の社会であり、実力あるものは各所の要職に当然に抜擢されていくであろう、と。

しかし、大人になっていくにつれ、有能な人が必ずしも出世しないのを何度も見て、少なくとも日本では「力さえあればいいわけではない」のかと徐々に思うようになりました。

そしていろいろな人のキャリアに触れることで、ある一つの仮説にたどり着きました。それは「出世をする人には、必ず誰かその人のことを買っていて、その地位まで引き上げてくれる人がいる」ということです。
若い頃は、どうして出世したりしなかったりするのか、全然わかりませんでした。
関連記事一覧
努力が「続く人」「続かない人」のたった1つの差
Diamond Online
356Picks

老害というのは、「自分の成功体験の再現性を疑うことが出来ない人」のこと
Books&Apps
238Picks

「あの人、いい人なんだけどね」 "職場の人気者"は、なぜ年収が上がらないのか
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
187Picks

【山口周×『独学大全』】「他人にだまされてばかりの人」と「自分の頭で考えられる人」をわけるたった一つの致命的な要素 - 独学大全
Diamond Online
15Picks

ほどほどに仕事ができる人が「実は出世から遠ざかる」のはなぜか - 常識的な提案するだけでは足りない
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
10Picks

【やりたいことを見つける】自分と向き合うための30の問い
Aoneko Lab |
7Picks

退職金の「自分にとって一番お得」な受け取り方を見極める4要素とは - 自分だけは損したくない人のための投資心理学
Diamond Online
7Picks

「頭のかたい人、柔らかい人」の決定的な3つの差 - だから、この本。
Diamond Online
6Picks

英会話教室で英語が話せるようになる人といつまでも話せない人 その違いは?
財経新聞
6Picks

「偉い人」はなぜ「痛い人」になるのか〜誰からもフィードバックを受けなければ自己認知が低下する〜(曽和利光)
Yahoo!ニュース 個人
5Picks

Premiumを無料で体験
登録・ログイン