• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

バイデン氏、TikTokと微信の禁止令撤回 米政府発表

225
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    明星大学 経営学部教授

    本気度はインテリジェンスが調査にどこまで関わるかによる。知見と力のない商務省による調査は形だけになる。
    先般の中国企業への投資禁止措置にしろ、どうもバイデン政権は表向きの対中強硬のポーズを崩さずに、中国と出来レースしているのではないかとの疑念も。
    トランプ政権の役人的なツメをしない荒っぽさを修正しているだけならいいが。


  • badge
    リブライトパートナーズ 代表パートナー

    そもそもトランプ政権時代に司法省から禁止令が法的根拠のないものとして差し止められていた。以来禁止令の施行自体が延期延期となっていた。その時点で自明であり賢明というより当たり前、もっと言えばこれ以外にやりようがない。就任後すぐにそうしなかったのは、とはいえなんとか禁止を断行する方法をバイデン政権も一応は点検した、しかしその術はなかった故、とすら推測される。


  • 日系コンサルティングファーム コンサルタント

    “「基準に基づいた政策決定の枠組みと、徹底的かつ証拠に基づく分析」を実施し、外国企業のアプリがもたらすリスクに対処する”とのことだが、TikTokやWeChatには情報漏洩等の証拠はなく前トランプ政権は米中対立の延長で両アプリの使用を禁止していたということだろうか。
    バイデン政権は、基本姿勢として米中対立の構図は維持しつつも対中国への緊張を緩和できる部分では積極的に緩和し両国の関係性のバランスを保とうとしていると思慮する。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか