• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

社会的PCRスクリーニング

COVID-19有識者会議 | COVID-19有識者会議
3
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • Hasegawa Yukinori
    温厚で思考好きな人

    社会的PCRの意義は分からなくはないですが、問題なのは精度や意義の部分ではなく『どれだけの規模ですれば意味が出てくるのか?』と『その規模でするのにどれだけのカネと人が必要になるのか?』の2点だと思う。

    世田谷区の例がでていましたが世田谷区で実施された検査なんて『いつでも誰でも何度でも』とはほど遠く、老人施設や介護施設であっても十分にフォローできているとはいえないくらいの数字。それで世田谷区の感染者だけ他の区より目に見えて減ったワケでもない。

    PCRの大規模オペレーションの大変さは当初はほとんど認知されていませんでしたが、さすがにワクチン接種の大規模オペレーションでこれだけ苦労しているのを見れば想像しやすいと思うのですが・・・。そして少なくとも現段階ではPCRの社会的検査にリソースを割くよりワクチン接種にリソースを割く方が合理的だと僕は思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ついでにいえばPCR検査は感染直後だと陰性になりすり抜けるという構造的な問題を抱えていて、イベントをするのであれば精度は落ちるがウイルス量の多い人ならそれなりには見つかるであろう抗原検査のような早い検査の方が合理的であり、できれば呼気からウイルスが検出される技術が早く実用化されることを願っています。


  • FUJII Yasuko
    大阪大学大学院人間科学研究科 人間科学専攻 比較文明学 博士前期課程

    是非やってほしい。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか