新着Pick
595Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当事者より確定報。9200億円払ってこの瞬間に4,000の映画1.7万本のテレビ番組、うち 180以上のアカデミー賞と100以上エミー賞作品がAmazonプライムビデオのラインナップ入り。ペイドユーザ加入も増えるのでは。マーケットはポジティブでしょう。
ネット企業による大型買収案件。

Amazonはお金で、200近くのアカデミー賞作品を含む4000もの映画を自社コンテンツとして自由に使うようになることができます。また、テレビ番組も2万にのぼるそうです。

自社製作も強化されるでしょう。

Amazon、Netflix、Disney、YouTubeがコンテンツ配信プラットフォームの4強として生き残っていくのが明確になってきましたね。

視聴者としては「最高のコンテンツ」がいつでも手軽に安く消費できることがベスト。

生産者の事情は汲み取ってくれません。

松下幸之助が生活を豊かにする電化製品を国民にできるだけ安価に提供しようとしたことで、会社がどんどん大きくなっていったのと同じ。

コンテンツの生産者は、「最高のコンテンツ」を作り続けて、
配信プラットフォーム側に「あなたのコンテンツだけは外せないので特別な条件にさせてください」と思わせること、さらに、「購買意欲の高いファン」の裾野を広げ、配信プラットフォーム上でなぜ見れないのだと突き上げが起こる状態にするということなのだなと思いました。
買収金額が9200億円と聞くと大きいが、
- Amazonの年間コンテンツ投資金額1.2兆円より小さく
- Amazonの時価総額170兆円からすると、たった0.5%程度

いかにAmazonが巨大かを物語る買収。
84.5億ドルでの、スタジオ・コンテンツ資産の買収。なお、Netflixは最近は100億ドル前後のコンテンツ投資を毎年している。
下記はWikipediaでのMGMのページだが、映画に詳しくない自分からみて知っているシリーズものは見出しにもなっている007くらい。個別の映画ももちろん重要だが、確実に当たりが見込めるシリーズもののポートフォリオを多く持っていることも価値。MGMのライオンマークは自分も知っているので一定の認知はあると思うが(昔トム&ジェリーで大量に見た記憶…)、他の大手スタジオに比べると、少しポートフォリオが弱い感じ?
https://bit.ly/3wH4fV7
近年だとロッキー、007、GIジョー、アリー、トゥームレイダー、ドラゴン・タトゥーの女、あたりでしょうか。プラットフォーマーに集約される流れは今後も続きそう。
プライムビデオの作品充実が半端なくなるな!!新しい作品の作成も期待されますね!NetflixやAppleはどう出るのか見物です。
その昔はアメリカのスタートアップはバーティカルにフォーカスして、日本は楽天さんの様に手広くというイメージでしたが、今や銀行にこそ参入してないですが、インフラ、金融、メディア、物流、小売と、デジタルのデータを活用して一気通関で顧客の生涯価値を上げていくビジネスでの覇権争いになっていますね。

フェイスブックvsアップルが広告を巡って大きく取り沙汰されていて、アマゾンは比較的独自のポジションという感じがありましたが、これからは顧客全方位での戦いがリーダー格の会社では激化しそうですね。
巨大プラットフォームは高収益なコンテンツの買収、創出
プラットフォーマーの強みは"当たりを計測出来る"こと
当たり前の流れですが、なんとも寂しい

新しい文化は常に人の無駄や余白に産まれてきた事を思い出すと、最適化されたエンタメは効率的だけど。。。
Name is Bond, James Bond.
故ショーン コネリーのボンドを観るのが今から楽しみです。
コンテンツ制作業は、、宝を生むマシーンみたいなもんですから(^^;)
アマゾンにとっては、お安いお買い物でしょうね。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、Apple、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
194 兆円

業績

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン