新着Pick
140Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
J&J製のワクチンは、ウイルスベクター型のワクチンで、技術系統としてはアストラゼネカ製ワクチンと同じ区分に入ります。米国で、1回投与での臨床試験を行っており、その臨床結果をもって、1回投与で「緊急使用」の承認を受けています。

日本では、2021年2月に臨床試験を開始しているという報道がありました。J&Jは米国内で2021年6月末までに計1億回分を供給するとの計画がありましたが、先の報道では日本への供給計画が未定とされていたところ、今回のロイターの報道では初めて時期が2022年初頭と明らかにされました。

ウイルスベクター技術(アストラゼネカ製、J&J製)、mRNA技術(ファイザー製、モデルナ製)と「技術系統」毎に区分されていますが、基盤技術が同じであるもの、製造方法や添加されている物質が異なります。各社がお互いに技術供与しているわけでもありません。一般に、有効性は似通ることが多いのですが、副作用(副反応)は、添加物の違いで異なる挙動を示すことがあるため、基本的には別物と考えなくてはならないと思います。

かつて、ワクチンメーカーの化血研(現KMバイオロジクス)が長期にわたり、無許可で製造方法を変え、長期間業務停止処分を受けたことがありました。別の医薬品で由来が異なる生物由来原料を使用した場合、副作用頻度が増えたことももあります。
義理の姪がワクチン接種ツアーで渡米して一回で済む J&Jを接種しました。まさかワクチン接種ツアーなるものが出てくるとは笑。

ちなみにJ&Jの有効率は66%でファイザーなどと比べると低いと思われがちですが、試験の時期が異なりファイザーやモデルナは感染低調期、J&Jは感染ピーク時に実施していますので、参考にならないと言われています。

それより重要なことは、一般的に言われる有効率は「感染防止の有効率」ですので、「死亡防止の有効率」はどのワクチンも100%です。なので一番早く打てるワクチンが最もリスクの低いワクチンです。
人気の米国ワクチン接種ツアーで接種されるのがこのJ&J製のワクチンのようですね。
自分でワクチン接種の予約をして、毎日の生活は自分でコントロールしている人は、2回接種のワクチンを選んでも良いと思いますが、高齢者施設で介護を受けている方々は1回接種で済むJ&Jのワクチンの方が、実際問題としてワクチン接種管理が楽で問題が起きないと思います。

先日、同日にワクチンを2回接種してしまった高齢者の方についてニュースになっていましたが、もう受けました…と自分で判断して言えない人のワクチン接種を高齢者施設で全て責任を持ってやるのは、今後定期的にワクチン接種が必須となると、負荷が大きいと思います。
AZとJ&Jのワクチンは承認されても多分入ってこないな。ワクチン誘発性血小板減少症(VITT)の件があるし

NEWS◎アデノウイルスベクターを使った新型コロナワクチンの副作用?
米国血液学会がワクチン誘発性免疫性血栓性血小板減少症に関するFAQを紹介
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202104/569977.html
このJNJのウイルスベクターワクチンの方が昔からの技術なのでm RNAワクチンよりも(血栓の話はあるにせよ低確率)安心できる、という米国人もいた。感じ方は人それぞれだが、一回接種はやはり利便性は高い。注射を出来るだけ減らしたい人にとってはメリットの高いワクチンになる。
カリフォルニア州サンタクララ郡でも接種数は増えている。(m RNAワクチンの方が接種開始が先だったので総接種回数はモデルナ、ファイザーの方が多いが)
このワクチンも稀に重い副反応を生じるということで、たとえばフランスでは、アストラゼネカ製と同様、55歳以下の人に対する接種は認められていない。
承認されれば来年初頭にも一回のみの摂取で良いワクチンが登場し、
ワクチン不足と接種に後ろ向きだった人達へ後押しになり
明るい材料だと思います。

ボトルネックは接種現場となりオペレーションと医師や看護師さんの手配になりますね。
薬剤師さんは現在接種不可ですが、法整備と練習を今のうちにしておければ、ワクチン接種を毎年打つ必要が出た場合に
薬局で打てるようになるなど安心だと思います。

安全面、既得権が絡んだ部分あると思いますが先手売って欲しいです。
ジョンソン・エンド・ジョンソンが、新型コロナウイルスワクチンの製造販売の承認を厚生労働省に申請したと発表。日本におけるワクチンの申請は4社目になります。
2022年初頭に日本に供給できる可能性があるそうです。
一回で済んだらいろいろ負担が減って良さそうだなぁ。
ヤンセン ファーマ株式会社 は、ベルギーに本社を置く医療用医薬品専門の製薬会社。世界60カ国に250以上のグループ企業を有し、総従業員数約114,000人の世界最大のトータルヘルスケアカンパニー「ジョンソン・エンド・ジョンソングループ」の一員である。 ウィキペディア

業績