• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

アジア系ヘイトクライム対策法成立 バイデン氏「憎悪と偏見止める」

66
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • ジャパン・ソサエティー(米国・NY) 理事長

    米国での新型コロナウイルスによるパンデミックに伴ってアジア系住民への増悪が急増したことを受け、バイデン大統領が「新型コロナウイルス憎悪犯罪法案」に署名し、同法案が成立した。米司法省は増悪犯罪を統括するポストを設置し、警察当局による増悪犯罪への対策を支援する。この法案はアジア系住民への増悪犯罪の軽減に向け、バイデン政権にとっての大きなステップだ。ニューヨークや他州でアジア系住民への増悪犯罪が多数発生する中、この法案が米国で生じている差別についての啓発を促し、増悪犯罪の撲滅へと繋がることを祈る。


  • 元証券マン(京都市在住) 証券アナリスト資格

    作家の伊集院静氏が、自らのエッセイの中で、アメリカは人種差別の国だと述べてます。
    なぜなら、確か1980年代のこと、彼がアメリカに旅行に行った際、歩いていると突然白人から唾を吐きかけられたそうです。

    今は外面的に差別はやってはいけないとなりつつありますが、意識の中の差別感は無くなってないと書いてましたね。

    聞くところ、黒人よりアジア系の方が下に見られているそうです。
    そして悲しいことに、日系・チャイニーズ系・韓国系の中で、順位を争っているとも聞きます。

    その上キリスト教徒かどうかも対象になってますよね。
    それもプロテスタントが最上位という差別の国です。
    (JFKが、大統領選出馬の際、カトリックであることがハンディだと言われたのは有名な話です。)

    でも、ITテック企業ではそんなことは非効率なので、そこがある意味既存意識を変えるように思えます。

    まぁ、ハリス副大統領はブラックとアジアの血を引く女性ですから、バイデンの後を彼女が引き継げば、変化のきっかけになる可能性があるのでは。


  • BtoBのITビジネス

    共和党議員の一部は「当局が言論を取り締まることにつながる」などとして法案に反対した。 との締めですが、これが本質的な反対理由ではないのでは?なんか違和感があります。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか