新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
歌詞から読み解く珠玉のIU評。是非、ご一読を。IUは本記事の通り歌でトップクラスですが、ドラマについても第一線のトップ女優の一人と言ってよいでしょう。バラエティでも評判が良いほか、なんといっても多額のお金を困難な状況にある人々の支援団体に寄付し続けていることも社会的な高評価につながっています。

すでにK-POPや韓ドラファンの方も是非ですが、NiziU、「不時着」、「梨泰院」のブームからKコンテンツファンとなった方にもぜひ。IUは「不時着」の劇中歌を歌っています。役者としての彼女の魅力は、近年の作品として「麗」「マイ・ディア・ミスター」「ホテル・デ・ルーナ」があり、とりわけ、「マイ・ディア・ミスター」は韓ドラのステレオタイプである派手さの全くない作品でありながら、じわりじわりと心に訴えかける名作でもあります。

様々な歌の歌詞には彼女が若いころ(といっても、昨日で29才とまだ若い)に苦労したことが反映されている気がしますし、何かと難しいことが多い現代社会に対してのメッセージ、ー韓国だけではなく他の国でもーを深く込めた内容になっています。

どの曲も良いのですが、個人的には最近の曲としては、Lilac、Celebrity、Eight、そしてIUを一躍スターダムへと導いたGood Day(日本語版あり)がお気に入りです。

日本でデビューもして、公式ファンクラブもありましたが、様々な状況から日本での拠点は手仕舞いしています。そのため、日本では他のKポップ歌手や俳優に比べて知名度が低く、非常に残念です。が、それと反比例するかのように韓国とアジア各地での人気は上昇。当地シンガポールのKコンテンツファンの間でもIUの知名度は非常に高く、非公式ファンクラブも存在し、ファンの間で盛んにやりとりがされています。

なお、2012年東京国際フォーラムでオーケストラをバックに実施したコンサートは、数あるコンサートのなかでも、各国のファンが未だに高い評価をしているものの一つ。おそらく、IUがオーケストラの生演奏でライブをしたというのは珍しいはずです。