新着Pick
127Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダークサイドが使っていたビットコインのアカウント(wallet)は、elliptic社に特定され、そのアカウントにあった資産も「何者かによって」奪われました。
https://twitter.com/elliptic/status/1393275043522781188
 このアカウントには、2021年の3月から5月だけで57件の支払いがあったそうです。
 もっとも、ダークサイドの身代金受け取り方法はビットコインだけではなく、保有している資産もビットコインだけではありません。
 もともと、確固とした組織というよりも、複数のハッカー個人が大きなシノギがある時に集まる、といった集団です。看板を掲げて商売をしているわけではありません。
 ダークサイドの場合、主要な人物に茶目っ気があり、犯行声明を出したり、慈善団体に寄付したりするといった、社会的発信が多かったので、組織としての実体があるかのような印象がありました。本来は、そんなことはしなくても、粛々と脅迫して身代金を回収すればいい稼業です。
闇の中で何が起きているのか不明。ただ、可能性としては、(1)米国政府がロシア政府に「もっと厳しく取り締まってほしい」と要請した。(2)米ロ首脳会談を控えており大事な案件を控えているロシア政府がハッカー集団「ダークサイド」の活動を傍観しておくのは損だと考えた。(3)ロシア政府がハッカー集団が活動を行うためのインフラへのアクセスを遮断した。
ということか。
今回は非対称なサイバー・テロとでも言えるかもしれない。どうも手法が洗練されていないし、米国のサイバー反撃でインフラも壊滅。しかしいまだに石油買い溜めで混乱が続く。
ダークサイドが活動を終えたという話だが、おそらくそこでやっていた連中はあちこちに散り散りになり、また活動するのだろうな…。
活動停止というより、むしろ活動できないように攻撃された?
下記記事も併せてご参照いただきたく、コールセンター用意したり、なんというか「サイバー犯罪事業」を営んでいる感じ…
https://newspicks.com/news/5835626
映画化出来そうなストーリーであるのと同時に、暗号通貨を以前から運用している方、これからというか少し前に運用を始めた方にとっては迷惑な話だったのと併せて、これからあらゆる事が電気でありふれた社会になるのと、ブロックチェーンが応用化されていく中でどうアプローチしていくのか、まだまだ同様のケースが起きる中で暗号資産の価値は上下していきますが、というかなんとなく暗号資産の経験値が増していき、現行の貨幣にとって変わった時、当たり前となるのでしょうか。個人投資家としてはいかにダウやNASDAQや東証が安定してるか、と思うかもしれませんが気がつくと全く違う貨幣、仮想市場で金融のフレームワークが構築されているかも知れないですね。
アメリカの圧力の中には、いわゆるホワイトハッカーによる反撃があった可能性があります。一方で、ダークサイドは組織の形や名前をかえて活動するのではないでしょうか。
お、「フォースにバランスをもたらす者」がパルパティーンをポイって捨てた感じな。

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン