新着Pick

中国BYD、ケニアでEVミニバンを販売開始 現地バス会社も導入

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
25Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
BYDは1995年に深圳(シンセン)で設立されました。
当初はガラケーやデジタルカメラなど、電化製品用のバッテリーメーカーとしてスタートしました。現在では世界有数のリチウムイオン電池製造メーカーとしても有名です。「BYDと言えばバッテリー」という認識をしている人も、多く見受けられます。

創業当時は従業員数が20名ほどしかいませんでしたが、創業から20年で20万人を超え、急成長を遂げています。
20年で20万人ということは、単純計算で1年に1万人ずつ増えているいう、とんでもないペースです。
※2019年現在では、約25万人の従業員を抱えています。


その後、2003年からは自動車製造を開始し、2017年にはこちらもEVの販売台数で世界一に輝きました。

当初のBYDのクルマ作りは、当時の中国風ものづくりの典型で、先進国の人気車をまんまコピーするというお粗末なものでした。
しかし、貪欲に研究開発を続けた結果、三菱の1.6Lエンジンを積む「F3」という小型車が大ヒットし、BYDは中国自動車産業のなかに一定の存在感を示すことに成功します。

また、2008年に投資の神様と呼ばれるアメリカの著名な投資家、ウォーレン・バフェット氏が、18億香港ドル(約243億円)を出資して、BYD株の約9.8%を取得したこともBYDの名が世界に知れ渡った大きな出来事でもあります。
比亜迪股份有限公司(略称:比亜迪またはBYD<ビーワイディー>、英語: BYD Company Limited)は広東省深圳市に本社を置く中華人民共和国の企業。 ウィキペディア
時価総額
12.5 兆円

業績