新着Pick
1454Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
リモートマネジメントの連載も今回が最終回。「経営者の役割」をテーマに解説いただきました。快適な働く環境を作れるかどうかは、もちろん現場の努力で改善できることも多いのですが、根本的な部分は経営者が担っています。曽根さんが実践の中から導き出したメソッドの数々だけに、説得力があります。
人気 Picker
現代は意味(センス・メイキング)が問われる時代。「役に立つ」機能よりも「意味をもつ」目的に人が動かされる時代。

オフィスや電車での通勤や隣の同僚といった、今まで当たり前にあったこと、日常的に存在していたものが一度目の前から消えてなくなったことで、ふと自らの仕事の意義を考える人も増えたのではないでしょうか。

コロナを機に、転職を考えるようになった人が増えている、という最近の調査の結果もうなずけます。リモートが仕事における「意味」の大事さをさらに炙り出したともいえる。

企業の魅力を表す4P(Philosophy, People, Profession, Priviedge)で考えると、どんな目的のために(Philosophy)、どんな仲間と(People)、どんな仕事を(Profession)、どんな報酬でやるか(Priviledge)。企業にとっての意味=Philosophyとは、社会的使命としてのミッションであり、目標や志をあらわすビジョンです。

ハラリの『サピエンス全史』でいうところの虚構、つまりストーリー。企業という共同体がつくりだす虚構が、リモートで感じづらくなっている。

コミュニケーションの接点が減ったことでチームメンバー同士の関係性が弱まり、結果として組織の信頼貯金やカルチャーが棄損しているということもあると思いますが、リモートで「みんな×BEING」の領域に課題が出てきていることの深い本質は、そこにあるような気がしています。

企業の経営に携わるみなさんは、このタイミングであらためて、ミッション・ビジョンを見直し、これをメンバーにどう伝えるか考え直してみると良いのではないでしょうか。

※今回にて連載終了となります。このような機会をいただき感謝です!今回で興味をもっていただいた方は、ぜひ特集の第一回からあらためて読んでみていただけると幸いです
企業のパーパス(存在意義)を伝えるだけでは、意味がありません。パーパスが、会社の戦略&プランとどう繋がっていて、社会のムーブメントへ繋がっているのか。

さらには、会社のパーパスが、そこで働く一人ひとりにより、いかに体現出来ているかという組織作り、評価体制を創ることも重要です。一人ひとりの行動も全てパーパス(存在意義)に繋がっていれば、やりがいも幸福度もUPすると痛感します。
尊敬するクリエイティブディレクターから以前、つまらないリアルよりどれだけ信じられるか、一流のフィクションつくれをといわれたことがある。
ニューノーマルはノーノーマル、解がないということが答えの社会でどれだけ信じてもらえるか、意味を感じてもらえるか。

センスメイキングは一流のフィクションをつくりそれが人の働き甲斐生き甲斐、希望の灯火になるようなことだと思う。
仕事のやりがい、を一人ひとりがもてるようにすること。とても大切ですね。やりがいを報酬とするのか、貢献とするのか、奉仕とするのか、・・・。じっくり考える必要があると感じました。
働きがい、やりがいは与えられるものだと思われがちだけど、自分で選んで入ってきた会社なんだから、どんな仕事環境でも、自ら意味を見出し、楽しく仕事が出来るような考え方を身につけるべきだと思う。その為には、頭で考えるのでは無く、先ずやってみる事が大事。行動力ある人は最終的に、やりがいある仕事に巡りつく。
リモートワークが個人と組織にとってどういう状態かをすごくわかりやすく解説されてます。

Afterコロナは元に戻るのではなく、新しい働き方を模索する機会ですね!
メッカとしてのオフィスは面白い言い回しですね
スタートアップなど小さい企業は設計しやすいが、大企業となるとここの設計難易度も高そう
それに甘んじてコロナ以前の働き方に戻らないといいですが…。
『大切なのは、経営のあり方や組織のあり方を、もう一度ゼロから考え直し、再定義することではないでしょうか。もはやインターネットのない時代に戻ることができないように、コロナ前の状態に「戻す」のではなく、価値を「新しく作る」ことを考える。』
間違いなく、こう思うのが大事。
働きやすさ、ではなく"働きがい"。若い世代だけでなく、本当はどの世代にも一番必要な事だと思う。その上で、どういうパーパスを企業として創り、どの様に浸透するか。
オフィスは「行かねければならない場所」から脱却して、
自分の人生とwell -being、そして仕事の生産性を上げていくために自律的に、前向きに集う場所になっていく、、、というイメージです。
そういう意味ではメッカの様なもの、というのは神聖すぎる気もしますが言い得て妙だと感じました。

これを「誰かが」作るのでは無く、経営が頑張る所もありますが、やはり一人一人が自律的に作っていくという考えが必要なのだと思います。
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。