新着Pick
534Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
鳥肌が立つ決算だった。
どこも報じてないが今回決算で最も重要な点は、はじめて利益においてECがクラウドを抜いたことだ。

クラウドという人類で最も儲かる事業を発明しその後追随するMSとGoogleの競争に打ち克ちトップを走り、その利益を使って世界中のEC事業を開拓してきた。これが今まで。常にこの会社の利益の大半はAWS、クラウド事業によって賄われて来た。
北米ECすら本格黒字化はまだ数年前、北米外の国際部門に至っては永年かけて去年ようやく損益分岐点を超えた、まだまだ先行投資フェーズだった。

それが今回国際部門だけで一気にズドーンと1千億円を超える大幅黒字を叩きだした。売上は通期ベースで10兆円タッチ、完全稼ぎ頭化成功。
既に巨大な北米ですら、売上ではなく利益においてYoYで2.6倍という驚異的な伸び。昨年1Qはコロナ本格化直前だったのでこの主因はひとえにコロナDX効果。

そのような決算を、ベゾズ退任発表直後のQで叩き出す。
しかもここからが重要。その決算発表においてベゾズが開口一番言った事はその事では無い。「私が永年血と汗を流し創ったEC事業の利益がようやく」うんぬん、みたいなことは一切言わない。その辺の経営者なら泣きながら言いそうだ。しかし非凡な彼は最後まで違った。開口一番

「我々の2人の子供がいま10歳、15歳へと育った。プライムビデオとAmazonスタジオだ。前者は1.75億人が有料会員となり年間1.7倍成長している。後者は今年のアカデミー賞で12ノミネートされ、2つ受賞した 」
あくまで、最後まで過去の実績ではなく未来を語るベゾズ。

おとといのAppleティムクックの決算発表も凄まじかった。世界で最も巨大な会社がまだ売上年率1.5倍という驚異の成長を続けていた。
しかしこれは、10年前ジョブズが死んでクックにバトンを託した時点で既に概ね決まっていた未来だったと今にしては思わざるを得ない。未だに収益源の過半は彼が最後に残した子供のiPhoneだからであり、その後稼ぎ頭になり得るさしたる新製品が出てないからだ。

そして同じ事が今、ベゾズとジャシ―の間で起きているのだろう。
ゆえに今朝、鳥肌が立った。
売上・EPS共に予想を上回り株価は時間外で3%強上昇。稼ぎ頭のクラウドAWS売上は前年同期比で+32%と前期から加速し、EC・クラウドに続く3本目の柱と期待される広告は同80%近くの伸び。プライム会員も2億人を超え、ベゾス退任しようと揺るぎようのない磐石さ
この一年を振り返ると、AWSで稼いで北米・国際は利益よりも増収・基盤構築を優先するという利益構造から、AWS・北米・国際の三本柱で稼ぐ構造に変貌しました。コロナの影響もあるでしょうし、その多くは不可逆的だと思います。
とりわけ国際部門が利益を出すフェーズに入ったことが大きい。
余力を新しいイノベーションに振り向ける局面だと感じます。
AWSもECも天井の見えない凄さがありますが、個人的にはやはり広告事業の伸びに注目します。
"広告事業などの売上高は77%増の69億ドルと、予想の69億ドルを上回った"
Facebookは48%増の261億ドルですからまだ少し差があります。ただし、FacebookはiOSアップデートによるターゲティング精度悪化懸念があり、ひょっとすると今後売上が大幅に鈍化する可能性ありますよね
普段ならスルーしていたニュースですが蛯原さんのコメントが熱く、この決算の凄さを理解しました
これがNewsPicksの真髄…!
向かうところ敵なし。クラウドが収益牽引していたものの、ECが規模の経済発揮し始め、一つだけでも羨ましい成長エンジンが二つ。双方の投資スピードが難しい経営課題となることは想像できる。この勢いが続いた後は、カバレッジを拡大しるために再び世界征服戦略に突入するのだろうか。まだ本腰入れていないインドや韓国やロシア。そして最後の牙城として立ちはだかるだろう中国。買収して統合という手法には限界が来るので、市場再選定した後に、ユニークな手法を取るのだろう。

そのうち頼む前に近くの物流センターに物が届いていて、購入を忘れていないか促される日が来るのだろうか。
蛯原さんコメントは、本当に学びあります。

確かに、ECがここへきて利益を生むモデルに
世の中がコロナで早回りして、
さらに先へ行く、まだまだアマゾンが加速
これからが垣間見えた決算
10年前の2011年のQ1売上が$10Bだったので、この10年で10倍に。すごすぎ空間。
アマゾンの第一四半期決算、4四半期連続の過去最高益と好調でした。株価は引け後の取引で4%上昇しています
広告売上(関連)も7,000億円ぐらいと、半端ない成長率(+73%)や。AWSも他社と比較して加速。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績