新着Pick
156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当然の動きとはいえ良かった。ただ、シンガポールは感染を抑え込んでるオーストラリア・NZあたりと優先して交渉しているようだから、日本とは具体化するのもう少しとなりそう
待ってました。ビジネス目的で海外に行かなければいけない一人として、ワクチンパスポートを発行してくれることはとてもありがたいですし、私のような人も多いのではないかと思います。しかし、気になるところは、ワクチン接種の順番がいつ来るのかです。今のスピードだと30代〜40代のワクチン接種が今年中にできるのかも見通しがつかない状況ですもんね。
既にいくつかの国で実質始まっているが、今後はこのワクチン接種済かどうかで線を引くやり方が主流になっていきそう。相対で国同士が決めるので、その枠組みに日本がどれだけ入れるか、そして自分にワクチンが回ってくるか、不確定要素は多い。

ドイツと台湾に子会社や支社があるが、着任後いまだに訪問の予定も立てられず。
なんか、ミシガン州は変異種流行地域に指定されちゃって、ニホンに入国したら14日待機の最初の3日間、どっかの指定場所に連れてかれるみたいですよ。。。せっかくワクチン打ったのに。。。
海外渡航時にワクチン接種してるかどうか今後重要になってくると思うので、期待してます。
もちろん良いことだけど、ワクチン接種=安全ではないということは自覚すべき。
三密を避けること、マスクすることなどを守った上で、節度ある行動しないとこれ自体意味ないと思う。
7月末にアメリカから先生たちを招いてワークショップを予定しているのでこれは朗報!
日本も「ワクチンパスポート」の発行に向けて動き出した。ただ、日本のワクチン接種の状況をみると、このパスポートを手に入れることができるのはいつになるのかと感じてしまします。
ワクチン接種証明書が一番使われるのは海外の移動だと思います。
世界共通のルールを作って運用してほしいです。
問題は偽物対策ですね。日本ではまったく聞きませんが私のいるフィリピンではPCR検査の証明書ですら偽物が多発していました。
偽造しにくいものを作ってもらいたいです。
スマホのアプリを活用するのは正しい方向。
ただし、開発にあたっては接触確認アプリの時のようなことに
ならないように、「役所の論理」ではなく「民間の知恵」を
フルに活用する姿勢で取り組んで国民をいい意味でアッと言わせてほしい。