新着Pick
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あくまで日立の売却額が3820億円で、買収総額は約8000億円とのことで、優先交渉権が決まった前回と同程度。
https://newspicks.com/news/5748546

そしてBainと組むJIPは日立国際(KKRと共同で非上場化後、映像・通信系を買収)やVAIOのカーブアウトを手掛け、同じくJISは上場企業で経営が厳しくなっているところへの資本増強パターンが多い印象で、トクヤマだったり、最近では曙ブレーキなどに投資している。
時価総額数百億円規模の企業だと、非公開化のためにTOBがかかっても、買収価格が低いと思った別のファンド等が対抗TOBをかけたりして、株価が釣り上がっていくようなケースも出てきてます。
これが1兆円規模の時価総額の企業になると、なかなか対抗TOBをかける競合者も出てこなくてTOB合戦になることも少ないので、仮に実態よりも割安な価格だとしても成立しうるという構図が隠れているかも知れないな、などと、ふと考えました。
通常、市場価格は適正に形成されているのだと思えば、そこにプレミアムをつけるTOBであれば問題はないのでしょうけど。
株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。通称は日立やHITACHIなど。 ウィキペディア
時価総額
6.24 兆円

業績

日立金属株式会社(ひたちきんぞく、Hitachi Metals, Ltd.)は、日本の鉄鋼メーカー。 ウィキペディア
時価総額
9,230 億円

業績