新着Pick

JR東、旧国鉄の分割・民営化後初の最終赤字5779億円

読売新聞
JR東日本は28日、2021年3月期連結決算の最終利益が5779億円の赤字(前年は1984億円の黒字)だったと発表した。通期で最終赤字を計上するのは、1987年の旧国鉄の分割・民営化後で初めて。新型コロナウイルスの感染
26Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アフターコロナを見据えた時、旅行はある程度戻るとして定期券と出張旅費がフルに戻るのか。
運行の無人化も含めてかなりのコスト対策を打たざるをえないと感じます。今の路線を維持するのか、という抜本論も出そうに思います。
JR東日本は旧国鉄からの分割・民営化後初の赤字となっています。
決算短信はこちらです
https://www.jreast.co.jp/investor/financial/2021/pdf/kessan01.pdf
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、東日本を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者。1987年4月1日に、国鉄分割民営化に伴い日本国有鉄道(国鉄)から長野鉄道管理局、新潟鉄道管理局及び東北・関東地方の各鉄道管理局の鉄道事業を引き継いで発足したJRグループの旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.75 兆円

業績