新着Pick
97Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
直近2月のデータを基にSCの一店舗当たり平均付加価値額を計算すると、520万円程度になります。
補償と協力金は違うのかもしれませんが、ロックダウンで売上高の75%を補償したドイツなどと比べると、あまりにも金額が少ない印象です。
批判されて慌てて。そして出てきた数字も誤差程度のアホか、と言われる数字。これなら出さない方がまだマシ。政治家の給与とか議員パスとかを「血税」と表現されますが、これは?金出せ、金出せと言われますが、これこそ「血税」ですが、皆さんは血を差し出すことに賛成なのですかね?私はこんなところに税金使うのは反対、普通に営業させればよい。もちろんクソみたいな医療リソースしかないのである程度の生活自粛はした方が良いので、営業する店への打撃は避けられませんけどね。そちらの方がコスパ良い対策だと思いますけどね。自分の生活においてはコスパ重視の人たちが、政治にコスパ求めないのは不思議。
大型商業施設の休業にあたっての協力金を二十万円から数十万円上乗せすることを検討するという報道。直感的にはピンとこない。
休業補償とするなら、そもそも二十万円でも仮に数十万円追加しても十分ではないのは明らか。しかしそれを緊急事態宣言適用地域で実行すれば合計ではかなりの公費負担になる。つまり費用対効果の点で上策とは思えない。
単なる限界的な人気取りのために無駄なお金はかけず、ワクチン接種など、根本的な事態打開に結びつくような取り組みに集中的にリソースを投下することを検討した方が賢明なのではないか?
現状「百貨店や大型商業施設、映画館などに休業要請し、応じた商業施設には一日20万円、テナントには一日2万円の協力金を支払」われることになっていますが、これに上乗せ案が出ているようです
卸業者や生産元に目を向けないのはなぜなんだろう。。。
それでも話にならないでしょう。
それでも足りないかと思う。