新着Pick

現代の「商人の教科書」にピックアップしたいキーワード

あたらしい商人の教科書 supported by 伊藤忠商事
334Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ANAのSAF(持続可能な航空燃料)利用や、インドネシアでのバイオ燃料・飼料用ユーグレナの培養実証試験、プラ容器リユース・リサイクルのテラサイクルとの資本業務提携など、今注目されてる脱炭素・環境に向けた取り組みは、伊藤忠のネットワークや資本の力を受けているとのこと。
リスクを取ってでも時代を先取りするという商社マインドが、環境ビジネスに合っているのでしょう。

伊藤忠といえば、リサイクル繊維やマイクロプラスチック削減繊維、食品ロス削減のためのIoTの推進などにも期待しています。
業界にいて脱炭素の実現の難しさを感じています。原料ベースではリサイクル推進の追い風の流れがあるものの、結局推進をするためには単価がついてこなければ行けない状況。最終消費者の一歩手前の川下メーカーが川上にプレッシャーをかけるだけで終わってしまっており、単価が還元できていないので動き鈍化している。これをきっかけに物価上昇のきっかけを作ってしまえば良いのに、、と思いましたがうまくいかないですよね。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.30 兆円

業績