新着Pick
227Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
職員に同情的なコメント欄も含めて、温度感の違いに愕然とする。
私の職場では完全にテレワークが定着し、平均して月に2回ほどしか出社せず(そのペースでオフィスの移転もこなした)、ランチですらひとり飯ばかり。宴席を設けようなどと誰も発想すらしないので、退職者の送別会も無期延期のままだ。そのことに疑問の声はまったく上がらない。ちなみにコロナ禍の前は、テレワークが月に2回程度だったので、出社との頻度はまさに逆転した形だ。
プライベートでも、同居の家族以外との会食は1年以上していない。軽はずみな行動は周りにも迷惑をかけるからね。
「自分だけは大丈夫」と無根拠に思い込む正常化バイアスが強い人や、ひとり飯に耐えられない人は、身の回りにはいないだけに、こういう報道に接すると愕然とするし、だから感染が収まらないのだと思い知る。
「一部の不心得者のせいで、こちらまで忍耐を強要される」という思いが、振り払っても振り払っても湧いてくる。「だったら自分だって好きなことをさせてもらう」と割り切りたいという欲求にかられる。
外出を自粛すること自体よりも、これがつらい。
このタイミングでの公表に、何か作為的な意図があるのではないかと感じますが。批判の矛先を政治から行政に向けたいのであるならば、政治が行政を統制できていないことを暴露したようなものです。そもそも、危機時には両者は一体なはずです。

なお私権の制限につき、府知事が言及していますが、このように相反した行動が政治・行政側にもあるならば、法的というより、道義的な意味合いでアウトでしょう。禁酒法と揶揄されても、それは致し方がないと感じます。やつれてしまい(この状況では当たり前ですよね、普通なら太れないはず)、御心労は察しますが、リスクコミュニケーションとしては間違いだと思います。
この春に東京から関西に転勤になった知り合いが、東京では殆ど無かった宴席が関西では結構あると驚いていたことを思い出しました。
調査しても、「気をつけましょう」で終わるなら、「アホやねー」の感想しかない。

感染原因や経路の探索と、有効な対策を見つけるために感染しなかったケースの分析をするなどシステマチックな調査でないといけない。

さらに、変異株が「空気感染」した(空気感染以外は考えにくい)ケースがあるようだ。
絶えず実際の事例をアップデートする必要がある。
ステレオタイプのケース把握では心もとない。
大阪市の全職員調査で、多人数での会食や時短要請よりも遅い時間の夜の会食などを行っていた人が1000人超えであったことがわかった。4人以下での会食などが求められている時期に市職員がそれに従っていなかったことになる。
前職時代はかなり厳しのルールを敷かれていましたが、みんな相当守っていました。なんで公務員の統制がきかないのだろうか。
こんな重箱の隅をつつくような報道していても意味がありません
職員だから会食をしたらダメなのでしょうか?差別や他責に近いマインドが感じられ、違和感が凄いです
みんな我慢してるんだからね。僕の部署、当然のように歓送迎会もできてない。気づいたら去年の新人は2年目になってしまった。仕事以外の時間のコミュニケーションは今後の仕事の上では重要なんだけど、やっぱり宴会はやっちゃダメだよ。しかも役所の機能がストップしたら住民生活に大きな影響が出るじゃん。やりたい気持ちを我慢するというのはホントに辛いけど、やっぱりここは我慢するところじゃないかなと改めて思う。
こういう報道は意味なし。で、どれだけクラスター起きたのでしょう?批判すべき論点がズレてる報道機関にジャーナリズムを全く感じず、文春砲とレベルが同じにしか見えず。
感染しても公務員なら給料減らないし気楽ですね。