新着Pick
122Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タニタの社長・谷田千里氏の連載第4回です。
---
体組成計や活動量計など、健康計測機器の製造・販売や、「タニタ食堂」をはじめとする健康サービスを提供する健康総合企業・タニタ。もともとは体重計や体脂肪計などのメーカーにすぎなかったが、同社の社員食堂のメニューを紹介したレシピ本『体脂肪計タニタの社員食堂』が大ベストセラーになったのをきっかけに外食産業に進出し、健康総合産業に転換させた。

この転身を率いたのが、第3代社長の谷田千里氏である。「いったんこうと決めたら、誰がなんと言おうと聞かない」という谷田氏だが、実はタニタに入社する気はさらさらなかったという。

大学に進学せず、調理師免許を取得したあと、家庭科の教員免許や栄養士の資格を取るなど、創業家一族に生まれながら敷かれたレールに乗ることをよしとしなかった谷田氏の反骨精神と自由な発想の源を探る。(全7回)

■第1回 社員が個人事業主になれば日本は活性化する
■第2回 敷かれたレールには乗らず、調理師専門学校へ
■第3回 「人間は学歴じゃない」のウソ
■第4回 できる先輩が乗るタクシーに一緒に乗り込め
■第5回 論理を優先、感情を二の次にして人心掌握に失敗
■第6回 世界一有名な社員食堂は、こうして誕生した
■第7回 YouTube「ニポネット・タニタ」に出演する理由
できる人と一緒にいる時間は学びが多い。
居なくなった時に、自分の持ち味とあの人だったらどうするかを掛け合わせて考えて動いてみる。その効果は絶大だ。
若いときは、本当に典型的なボンボンだったんですねw

これからどのように覚醒していくのか楽しみなりました。
非常に独自色を持つ会社。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。