• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

クレディ・スイスも損失 5200億円、米投資会社関連で

84
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    ピクテジャパン シニア・フェロー 名古屋商科大学大学院 教授

    事前報道通りの損失発表。既に、リスク管理責任者の処分も発表していたことから、クレディスイスの株価も今日はやや戻しています。

    このケースは、元ヘッジファンドの人物の個人資産を運用するファミリーオフィスの特殊事例。今回のクレディスイスの発表で、ひとまず本件関連損失はひと段落かと思われます。

    とはいえ、類似例が今後発生しないとは言い切れないと思います。世界のファミリーオフィスは数千あり、運用資産は数百兆円とも言われます。株価等の上昇でその規模は拡大しています。大株主として名前が出したくないとして、アルケゴス同様、デリバティブで運用しているファンドもあると考える方が自然です。

    各国の規制当局も注目しており、今後の開示規制や、レバレッジ規制などの行方には注目しておいた方が良さそうです。


  • badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    リーマンショックの時も結局は欧州の銀行が米銀以上にリスクを抱え込んだ感がありますが、こうした取引では、UBSと雖も米銀に敵わないということか・・・ (@@。


  • 役立つ補足記事をコメントします

    この問題はクレディスイスがビルファン氏のスタイルにリスクを感じ、各銀行を招集。その翌日にゴールドマンがいち早く逃げて大幅ポジションを処分。
    失敗の要因はFRBを一緒に呼ばなかったことだともいわれています。

    クレディ・スイスがアルケゴスで大やけどしたことは、ブルームバーグの①今日の5本記事でも2つ記事が入るくらい【重要ニュース】です。
    ②ではクレディスイスが過去に出した損失についての記事です。経営破綻した英金融サービス会社グリーンシル・キャピタルの関連ファンドに絡む損失。

    ・周知のリスク
    顧客に損失を転嫁する可能性あり→信頼が失われそう

    ・逃げ遅れの責任
    グリーンシル・キャピタルのファンド問題に続く不手際

    ①【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース(ブルームバーグ)
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-04-06/QR58QWT0AFB401?srnd=cojp-v2

    ②CS、グリーンシル関連損失の大半を回収へ 投資家への返還も拡大 https://reut.rs/3fxNXZb


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか