新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最悪の場合、さらに長引き、世界のサプライチェーンに大きな影響があることも予想されていたため、関係者の方々のご努力に感謝いたします。

損害保険の起源は海上貿易の補償とのことですが、今回は意表を突くような被害が発生してしまいました。スエズ運河封鎖での米ロイズ社の損失は1億ドル(約110億円)程度の予想とのことです。360隻・最大7日間の通行の足止めと、エジプト政府の1日当たりおよそ1400万ドル(15億円余り)×7日間の損失との報道(2020年3月28日 NHK)が出ていたことから、思ったより少ない印象を受けます。

2020年はコロナの損害が莫大になっており、再保険会社の支払いも増えたとのことですが、こちらも単年度損失は12億ドル(約1320億円)と意外に少ない印象です。

単純比較が可能か否かわかりませんが、スエズ運河の影響は、20年のコロナの影響の10分の1弱の影響があったということですので、極めて大きな被害だと言えるでしょう。

再保険会社の負担分が、全体の保険負担分に占める割合が気になります。損害保険の本質は互助会ですので、今後、船主や荷主がかける今後の保険料に転嫁され、最終的には商品の価格に転嫁されるでしょう。個人としても頭が痛いです。