新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
千億ドル以上持っている6人のうち、5人は米国人ですね。1人だけフランス人のベルナール・アルノーが入っていますが、この人はルイ・ヴィトンとクリスチャン・ディオールのオーナー的なCEOですね。フランスの2大ブランドをグローバル展開して、往時の日本人や現在の中国人の御用達にした立役者です。
 バフェット氏の次に千億ドル長者入りしそうなのはグーグルの設立者やオラクルのラリー・エリソンですが、いずれも米国人です。
 欧米人以外で最も可能性が高いのは、インドのリライアンス・グループの総帥、ムケ―シュ・アンバーニーでしょう。リライアンスは石油精製が本業といえますが、医薬品や通信も手がける巨大なコングロマリットです。インドの成長率を考えれば、彼の資産は安定して増え続けるのではないでしょうか。
このタイミングで計ればそれはそうだと思いつつ…それでもすごいな。変動する資産のため、市場調整の可能性ある来年はどうなっているかわからないが。

バフェット氏は確か、万が一の際は持ち分のほば全てをゲイツ氏の財団に寄付すると宣言していたような。過去の話なので忘れてしまったが。仮にそうだとして、その際は、バークシャーが配当を出すようになると素晴らしい。

いくら多額の寄付を受け取っても、お金は使えばなくなってしまうし、お金を増やす能力で神様バフェット氏に勝てるわけもない。しかし、バフェット氏の育てた金の卵を産む鶏は、バフェット氏不在でも当分キャッシュを生み続けるだろう。それが長期投資の力だから。

鶏こそ寄付として優れている。受け手も中長期の収入が計算できるから。寄付のあり方の一つに、今後、株式が増えれば良いと私は思う。ただし、議決権は外すべきだろうが。
資産の半分を寄付してこれだから凄い。
ただ、90歳で10兆円あってもなぁと負けごとを吐いてみる。

【抜粋】
資産家の慈善活動を奨励する活動「ギビング・プレッジ」の共同創設者でもあるバフェット氏は2006年以降これまでにバークシャー株で370億ドル余りを寄付している。寄付で同氏が保有するバークシャーのクラスA株はほぼ半減しており、それを考慮すると1000億ドル超えはなおさら注目に値する。
多分本人は世界で何番目とか気にしていないんでしょうね。スノーボールを大きくすることに注力されている方ですから。
しかしもう90歳。神が引退された後、投資業界のトレンドも変わりそう。ファンダメンタルズ投資よりテクニカル投資に注目する人が増えたりして。
ブルームバーグ・ビリオネア指数で、バークシャー・ハサウェイ会長を務めるバフェット氏の資産は10日に1004億ドルに急増したそうです。