新着Pick
183Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
EUはこの分野で覇権を取ろうと必死です。いわゆる「情報の非対称性」に基づくグリーンウォッシングをどう払拭していくか、レゾンデートルをかけた闘いともいえます。

他方、環境と関連付けることが出来れば、かなり緩く公的な投資が許されるきらいもあるかと考えられます。先日、イタリア政府が発行した環境債は満期償還が2045年と、かなり先です。この間、使途が本当に環境対策に限定されるかどうかは、神のみぞ知る領域です。

とはいえ、厳格が過ぎると一般の債券で起債する動きも出てきて、結局は環境債の市場が拡大しないかもしれません。まさに現在進行形ゆえに、様々な展開が想定されます。
SFDR規則は、各商品を「持続可能性の目標なし」、「環境的または社会政策的な性格を伴う(第8条)」、「持続可能な投資(第9条)」の3つに分類し、第8条と第9条に分類される全ての商品は、情報公開の対象とされる。
今年は、G7はじめ国際会議でこのAgendaは出てきます。米国もバイデン政権になりルールメイクに乗り出します。日本も骨太の方針に盛り込まれるはず。国際競争ですね。
日本のアセットオーナーである年金基金は「ESG投資と企業のパフォーマンスや企業価値との関係が明確でない」というスタンスでESG投資にはまだまだ及び腰です。

でも、グローバル、特にヨーロッパにおいては「ESG=社会的リターンを生み、長期的には経済的リターンを生み出す」というコンセンサスが既にできあがっています。

ESG関連の運用資産がとんでもない規模に積み上がっていることがそれを物語っています。今のところは「理念」先行といった趣きですが、投資しながら運用手法を開発していくモード。つまり自分たちがゲームのルールを作っていくんだという野心が全面に出ています。

これは自然や社会に仕え守るという多分にキリスト教的な価値観や風土が影響しているんだと思います。

このSFDRは、いわゆる”なんちゃってESG"のグリーンウォッシュを防ぐためのEUルールですが、GDPRと同じで各国のルール形成に影響を与えることになるでしょう。
企業や事業の存在意義が問われる時代に突入しました。投資目的はESG観点からみてどういう効果があるのかを報告しなければなりません。

環境保護を装って世間を欺く「グリーンウォッシング」を一掃する狙いもあるそうです。それだけ多くの詐欺的ESGが横行しているということですね。

個人情報保護や環境保護など、欧州は社会に対して積極的に問題提起をおこなっています。本当に今のままでいいのだろうかと。
先日は英国が個人向けのグリーンボンド発行開始、また日本国内では軒並み都などが発行しているグリーンボンドは人気を博していると推察しています。ここ数年これだけ環境やエシカル、そしてSDGsをみんなで認識しよう、そして地球に優しい投資を重ね、カーボンフリー等に向かっていますが蓄積された債や財がどこぞの協会のように使途不明金として決して上がらぬよう運用して頂きたいと思います。
EUはこの分野に力を入れていますよね。でもここまですれば、その分野に注目が集まることも事実。
個人的には、ESG投資というコンセプトそのものには疑問があります。ESGをどこまで重視するのか、どこまで実現できるのかは企業のフェーズによって異なりますから。