新着Pick
1193Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
従来も「プロダクト向け」の認証制度は多く存在してきました。(例えばコーヒーならフェアトレード、木材であればFSC、建造物ならLEEDといったように)
しかしながら、プロダクトが良くても、それをつくっている企業がサステナブルでなければ意味がない。
そうした中Bコープは、プロダクトではなく「企業そのもの」を認証する制度です。

プロダクトの認証制度だけだと、商品を選ぶ際にいちいち「この商品は環境に良いのかな?」と考えなくてはならず、消費者側に知識と労力が要されます。
ですが、Bコープ認証を取る企業が増えれば、B corp認定銀行で預金して、B corp認定メーカーの製品を購入し、B corp認定のレストラン食事する、みたいなライフスタイルを送ることも現実にできます。

企業側にとっては、認証を取りまた維持していくプロセスにおいて、さまざまなステークホルダーと関わり、外部の力を借りながら、長期的な成長力を見直していく機会を得られます。これが最大のメリットでしょう。

日本ではようやく知名度が上がってきましたが、まだ認証数は少ない。アジアでは台湾が健闘してる印象です。
他国の例を見ていても、認証取得している団体にはカフェや法律事務所などもあり、規模も業種もさまざま。
「こういうのは意識高い企業がやること」などと言っていては取り残されていくかもしれませんね。
実は、我々ザボディショップ もB Corp認証を得ており、ザボディショップ が傘下であるNatura & coは、B Corp認証として全世界で最大企業です。

例えば、取引する外注の企業へも「倫理的取引サービスプロバイダー」の認証を求めたりと、時間も労力もかかるプロセスが必要ですが、全ては「よりサステイナブルでエシカルな企業」を真剣に取り組んでいる姿勢です。

企業として、これからもっと求められる姿勢ではないでしょうか。
B Corpの日本語版入門書『The B Corp Handbook』を作ろうとする動き、素晴らしいですね。日本の認証取得企業がアジアの中でも少ない方なのは、やはり言語的課題が大きいので、公式本ではなくとも、興味を持つ事業者や取得を目指す事業者増への貢献となりそうです。

ただ、B Corp認証を維持するには継続的な環境社会ガバナンス向上への努力が必要です。会社の方針づけを行う管理者やESG担当者の情報収集能力、企画力、牽引力が重要ですが、日本ではこのような人材も増えてきてはいるものの不足しているので、補うための外部サービスも必要となりそうです。
B Corpが広がるのはとっても素敵なことですが、もちろん認証を取得するのは結構大変です。

金融資本主義の世界にどっぷり浸かってきたグローバル上場企業には、完全に清らかな聖人君子のような会社は存在しないものです。実際、これまでのところはB Corpの認証を得ている会社は、フレキシブルに動けるパタゴニアのような中小オーナー企業がほとんど。

だからこそ、ダノンが世界中の子会社で取得しているのはいかに本気で入魂しているかを示していると言えますし、本当に偉大なことだと思います。

ちなみに、フランスは2019年にPACTE法を制定し、短期的な利益追求のみならず社会的責任や環境や従業員への配慮を求めています。これに追随したのがダノン。

2020年6月の株主総会で99%の賛成を得て「使命を果たす会社(Entreprise à Mission)」となり、ESGを経営のど真ん中に据えたことを内外で共有し、ステークホルダー資本主義を実践する企業としてひた走っています。
B Corpについては私たちも2018年に記事にしていますが、その時点で日本は5社でした。2年あまりで1社しか増えていないというのは残念。

世界標準「B Corp」を知っていますか アジアで広がる「良い会社」認証
https://globe.asahi.com/article/12035299
売上や利益という企業固有の成果でなく、その企業が属する社会全体への影響まで含めた成果や貢献を評価する、ってことなんでしょうね。

世の中は繋がってる。
ならばあらゆる事象をシステム(系)として捉え、自立的に循環する仕組みを創り出すことこそ、これからの企業に求められていることなのだと感じます。
CFCLの高橋さんに教えてもらったのだが、B-corpの質問項目はすごく示唆的なものもおおい。教育的視点でも一読すると良さそう。
無料でアセスメントができるので、興味のある方はぜひ自社でぜひ!認証を受けられる水準の80%がいかに難しいか、体感するのが一番だと思います。私もやってみたことがありますが、「これを上場企業が全部やれば地球は変わるだろう」と感じることができました。百聞は一見に如かずです。
https://bimpactassessment.net/
1 企業のブランディング
2 採用への好影響
3 ステークホルダーからの利害
4 相互作用のコミュニケーション
5 コミュニティへの参画

「B-Corp参加のメリット」の中で、「コミュニティへの参画」の意味合いは入るまでに理解されにくいものだけれど、実はとても大きいもの。
え!
無料でアセスメントできるのか
素晴らしい
規模に関係なく、己を知って正すことにも役立ちますな
この連載について
ESG(環境・社会・ガバナンス)を資本主義システムに組み込もうというビッグシフトが起きている。そうした中、資本主義を体現してきた会社のカタチも変わろうとしている。世界が新たに描き直す金融システムと会社の最前線に迫る。