新着Pick
569Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大幅値下げの背景には、バッテリーのコストダウンがあるようです。
以下、他記事より引用(講談社BCベストカーWeb 2021/3/2)。

・値下げが可能となった最大の理由は、日本仕様の生産拠点をカリフォルニア州フリーモント工場から中国の上海ギガファクトリーに移行したこと
・その結果、輸送費用を含めた各種のコストが節約
・フリーモント工場で生産されていた2020年12月納車以前のモデルは、パナソニック製のバッテリーを使用。一方、移行後(上海製)は、中国の車載用電池最大手・CATL製のリチウムイオン電池に切り替えたため、大幅なコストダウンが実現

今後中国で生産能力が拡大していけば、さらなる値下げがありそうですね。
EVのターゲットユーザー像も変化しそうです。

https://bestcarweb.jp/news/254384#:~:text=%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%82%E3%80%81%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB3%E3%81%AF,%E3%81%8C%E7%AF%80%E7%B4%84%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82
リーフとテスラ、どちらが魅力的かと言われれば、やはりテスラモデル3だと思います。見た目、走り、居住性などテスラがポイント高いですね。
日産が頼みとする販売店によるアフターサービスですが、マガジンX4月号に書いてある通り、顧客に寄り添った対応で、クエスチョンがつく事例が散見されます。
残念ながら、今の日本国内の環境では、Teslaを米国で所有、乗る時の体験のうちの、ほんの一部しか体験できません。それが本当に残念です。

具体的に言えば、カリフォルニアに住んでいたら、迷わずTeslaを買いますが、日本だと買いません。

理由は、カリフォルニアであれば、TeslaのEV以外の多くの体験を享受できますが、日本国内ではEVという体験に限られるからです。

また、今の電力内訳の状態では、国内の一般電力を使って充電して走ったら、ガソリン車と同じか、それ以上のCO2排出量とも言えることも、買うことをためらう理由でしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
従来の自動車業界が考えるEV車より、ベンチャー、異業種からこの業界に参入したテスラが魅力的に映る時代。

車の機能よりも、車を通してお客様とつながり、デジタルベースの世界観にお客様は今魅力を感じている。

このタイミングでのプライスダウンはインパクトありますね。

非連続な成長にこそ価値があり、延長線上の未来には既視感しかないわけですから。
下げ過ぎですけどね。
高く購入された方々は下取りも下がりますし、怒って良いんじゃないですかね。

この値下げで販売台数が伸びることでサービスが追い付くのかと、中国産リン酸鉄バッテリー搭載車の性能低下が気になります。
イノベーションのジレンマですかね「日本の自動車メーカーのEVがモデル3との価格差に見合うだけの「価値を訴求できるかといえば正直難しい」…販売規模が大きい上、電池を中国から調達することなどを背景にコストを下げてきたテスラ」
300万円台から買うことができるのであれば、注文は殺到するでしょうね。

問題は、供給が間に合うかでしょう。
テスラの「モデル3」はすごく評価の高い一大なので300万円台から買えるとなるかなり魅力的です。ただ、昨年に比べこれだけの値引きをされてしまうと、昨年のモデルを買った人のリセールは相当悪くなることが懸念されています。バッテリーEVはただでさえリセールが悪くなるので、そのあたりがどうなるのか?と思ってしまいます。また、日産はアリア発売前にこの価格を出されてしまうと、かなり厳しいでしょう。正直、SUVだからということで勝負できない気がします。
国内メーカーもEVに力入れてほしいけど、ガソリン車ありきの発想から抜け出せているメーカーがまだ1社もない現状を考えると、正直なところ正面からテスラと競える環境をこれから10年かけて作っていくのかな。
増えているんだろうとは思いますが、そんな状況というだけで、具体的に何台増えたとかの数字は無いんですね。
統計か、テスラの発表待ちかな。
時価総額
67.9 兆円

業績