新着Pick
176Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
澤田さんがおっしゃる通り、「できないことは無理に克服しなくていい。社会のほうを変えればいい。」

社会を変えることをみんなでやる。
ワクワクしますね。

「社会を変える。そんだけ。」やね。
こちらの記事、NPの利用者の方にこそ読んでほしい内容です。弱者が「見える」ようになることで、ビジネス全体の「見え方」が変わる。記事のハイライトを以下にご紹介します。ぜひ澤田さんの著書もご覧ください。

###
こうして僕は、自分の働き方を再定義することにしました。

「見えない。そんだけ。」も、実は息子のために書いたコピーでもあります。息子のこれからの人生を考えたとき、「見えない。そんだけ。」と言い切りたかった。目が見えなくても、他者と豊かにコミュニケーションする視覚障害者の一面を、多くの人に知ってもらいたかった。息子を、息子の人生を高らかに肯定したいという強い気持ちがあった。だからこそ、結果的に多くの人に届いたのかもしれません。

同じように、今、さまざまな理由で「障害」とされているものの中から価値を見出したい。いや、それだけではなく、すべての人の中にある「弱さ」「苦手」「できないこと」といったマイノリティ性から社会を良くすることができたなら。「思いもよらなかったいい未来」が待っているんじゃないか。

「マイノリティデザイン」──マイノリティを起点に、世界をより良い場所にする。それを、自分の人生のコンセプトにしてみようと決めたのです。

そして、息子の障害と多くの友人たちの障害、という運命の課題との出会いを通じて、いよいよ僕は決めました。「『広告』をつくるのをやめよう」と。
こういう魂の籠った広告が世の中に溢れて欲しいし、
ディグラムも頑張っていこうと思います!
お子さんに障害があると知り、仕事も手につかなくなってから、澤田さんが自ら考えて行動した結果、仕事でも新たな可能性が拓けたということがとてもよく伝わりました。
広告、とても素敵だと思いました!
関連記事一覧
【企画力】バズる広告の仕掛け人が伝授、クリエイティブ脳が覚醒する5冊
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
826Picks

プルデンシャル生命で“前代未聞”の業績を上げた 「伝説の営業マン」が考えていたたった一つのこと
Diamond Online
453Picks

この「広告」に潜む真実を見抜くことができるか? 統計学を学ぶことで見えてくるもの
ビジネス+IT
331Picks

なぜネットフリックスの広告コミュニケーションは外さないのか?
Forbes JAPAN
156Picks

愛される営業マンは名刺の裏に「愛読書は週刊少年ジャンプです」と書く - たわいのない自己開示が仕事に効く
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
117Picks

『外資系証券マンの失敗談』
ABC Trader
46Picks

「営業マンなら絶対に知っておきたい」買わない人に共通する3つの特徴 - 損をしてでも縁を切ったほうがいい
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
17Picks

「車椅子じゃスカートは穿けない」アローズ創業者を奮い立たせた女性の悩み - 「ひとりの服」がビジネスになった
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
8Picks

ネイティブ広告の活用方法とWeb広告の仕組み
Column by Heartlass
5Picks

いま、その転職は必要か?:デジタル広告人材、キャリアプランに欠かせない5つの視点
DIGIDAY[日本版]
5Picks

Premiumを無料で体験
登録・ログイン