新着Pick
1254Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人は幸福度があがれば、それだけ生産性があがり、持続して前向きに取り組むというポジティブなサイクルに入ります。また逆に幸福度が下がれば、生産性は下がり、またその自分に嫌気がさして…とネガティブなサイクルに入ってしまいます。
ですから、会社としてはエンゲージメント、社員の方々のひとりひとりの幸福度、ここでいうワクワク度合に対して理解し分析し、どう改善していくのかを組織として考えていかねばならないと思っています。
何に対してワクワクするのか、何に幸福を感じるのかが一人一人違いますから、同じ対策だけでは全ての人に共通には響きませんが、そこは多様性ある個々のワクワクを尊重し、意識構造を理解していきたいですね。
人や自分の主観的なワクワクを定量化し増幅することにまたワクワクするような社員が集まる会社はワクワクの永久機関になれる。なろう。
幸福感を持って生活し、没頭する仕事をして社会貢献し、同時に金銭的余裕が出て、自分の価値観を拡げる投資をして、心身ともにより豊かになる…。この循環が理想的。
この1年ワクワクしながら働いてみて、生産性が高い組織ってこういうことなのね!と実感することができた。極めてティール組織のモデル的な構造だからこそ、独特の部分はあるけど慣れればとても進めやすい感じ。
今現在Newspicksで971picksされているところに何となく時代の変化を感じる
先天的な素質で向き不向きもあると思うので、多くの人が幸せに働くためにはマッチングの重要性も大きいなと最近感じます
https://eumo.co.jp

eumoグラム調べようとしたらeumoが出てきました。こちらの取り組みの方が興味深かったです。