新着Pick
474Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
チームの作り方の話。よく書かれている話だけれども面白い。真似すれば良いというものでもなく、企業文化の作り方の一つとして。

「ライブ360」の話なんかは自分はちょっと受け入れがたいかなあ。
>「誰もが、いつ何時でも、互いの評価を少しずつ削ぎ落としていった。自分の利益になるからだ」と明かす。
この辺どうなんだろう。こういう環境で育つ人もいるかもしれないけど、大多数ではないと思う。全部がこれを真似しちゃったらヤバいし、鵜呑みにはしないでほしい。

「世界的大企業に育つ会社」というのは、やっぱりどこか苛烈な部分があって、だからこそ育つのよね。投資家視点なんかだと、そういうところを評価して良いと思うんだけど、例えば「社員の幸福の最大化」みたいなのを意識するタイプの社長なんかだと、あんまり受け入れられないというか。
「株式会社」としては、自社の利益の最大化のために何でもするのが最善なのかもしれないけど、ちょっと真似したいと思えない。だからおそらく、自分の経営手法は彼らから見ると、無駄なものが多い方法なんでしょう。
既得権益にとらわれず挑戦できるか?

そこにとどまらず、たとえ給与面で打撃を受ける可能性があってもリスクを取って前進する。

企業の進化を加速させるために、極めて重要なポイントの1つですね。

それが、巨大企業にも負けないという自信を生みます。
組織を硬直させてしまう利用は、その組織が大きくなるほどに"守り"が重要になる為、そこに対しての組織化や人員選定が関わってくるとのこと。
それに気付いて企業文化を作り上げているネットフリックスはやはり偉大。
『同社は「塗り絵でいえば、線からはみ出さずに色を塗るのが得意な人間ばかり昇進させるようになった」とヘイスティングスは述懐する。次第に、クリエイティブな一匹狼タイプは息が詰まり、他社へ転職していった。その過ちから、ヘイスティングスは「一般的に企業は効率性やミス防止を軸に組織化するが、それが組織の硬直化につながる」と説明する。』
パフォーマンス次第でいつ馘首されてもおかしくないからこそ真の一体感が生まれる。まさにプロスポーツチームですね。この緊張感が、優れたコンテンツやサービスに繋がっているのだと思います。

長期継続的にヒット作品を量産するには、このマネジメント方法しか無いとも言えそうですが。
すでにこれまで色々なところで取り上げられたことの繰り返しが多く、ちょっと残念でした。
"凡庸な社員が一掃されたことでオフィスは活気づき"

情熱を持った人で厳選されたことが功を奏したのですね。働くことの本質はまさにこの状況なんでしょうね。
めっちゃシビアと思いました(gkbr
ただ、今の投資の先鋭性を見ていると、それだけ尖った組織なのだということも腑に落ちます。
No rules!良い記事を届けるために凡庸でない記者を目指します(笑)
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
24.5 兆円

業績