新着Pick
794Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
まずは読ませる。多くの会議の非効率の改善につながるメソッド。一方、誰かの質問が考えを刺激する部分の意味も考えたい「何も疑問が出ない資料が提出されれば、究極、参加者は議論をせずに、すべて承認してその会議を終えることができます。それが、アマゾンでは最高の会議とされています」
人気 Picker
会議のルール化はいろいろ見聞きしますが、このルールは実力が如実にあらわれますね。
思考力が浅い人はすぐにバレてしまいそうです。

会議効率化と人材の選別、両方に効きそうです。
こういう会議の仕方から、他責思考を持つ人がいない、みんながオーナーシップを持つような組織が生まれていくのかなと思いました。

「話している内容がわからないから」「情報が自分にはないから」
「自分が決めるんじゃなくて勝手に誰かが決めていて、その決断が悪いから」そういう考えを持った人が組織で増えていくと、他責が当たり前の組織崩壊が始まっていくように思います。会議のファシリテーションの仕方一つで、参加者自らが責任を持てるようになるのはすごいことだと思います。
これは実際に導入していますが、きちんと運用すれば効率上がりますので、おすすめです。
説明いいんでちょっと読ませて。と発言すること結構あります。読むほうが早い。平場で資料配らないで、あらかじめ送っといてよ、も。このあたり、オンライン会議の導入に合わせて改善できることも多々ありそう。
これは、良いな。取り入れたい。
素晴らしい!
これは実戦としてやる価値があるだろうな。
ただ実施する企業会議の成熟度がポイントでもある。
忙しいから事前送付ではなく、その場で読むということなのでしょうか…

確かに事前送付していても読まない人たちも多いので、結果的にはこちらの方が現実解かもしれませんね。

本当は、この15分を会議室に入る前に全員がこなしていれば、15分会議が短縮できることにもなりますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社東洋経済新報社(とうようけいざいしんぽうしゃ、英語: TOYO KEIZAI INC.)は、ビジネス書や経済書などの発行を専門とする、日本の出版社である。東洋経済オンラインをはじめとするWEBメディアの運営も行なっている。 ウィキペディア
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
176 兆円

業績