新着Pick
282Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
おーガソリン車3万->EV2万ですか 増えましたねぇ、66%は

コレ↓4年前の記事ですが、EV移行で「数万点」部品減とありますので、スタートが3万では、なくなってしまいますねぇ 4年で進歩したんでしょうねぇ、モノスゴク

https://newspicks.com/news/2116785

あ、これらの記事にある仮説の真偽とは別に (それはご自分でご判断を)、言及されている数字自体はその程度のバックグラウンド、ということです 自国経済発展のための国際政治ゲームがこのタイミングで生み出した(既に抗し難い) EV移行が challengeである事自体は、業界の方々でなくともご承知かと、たぶん19日に (あ、コレも数字ですねぇ)

製造業の量産と同じで、こういう記事も量産されれば、いろいろな品質のものが目に付くようになる、という事なんでしょうねぇ
なんですか?この記事。

裏付けも無ければ、なぜ今この話が出るのか皆目わからない。

こんなデマ紛いの記事を出す報道機関が存在する事が信じられません。

電動化により不要な部品、変わる部品が多数ある事は以前からわかっている話で、当然今後どうすべきか世界中の自動車関連企業が考えてる話です。

何も今に始まった話ではないですよ。
部品点数が、3万点から2万点に減るというのは、部品表に基づき、具体的に数えた結果だろうか?
構成単位を変えれば部品点数はいくらでも変わる、数えるのが厄介な代物だ。

何よりも、EV関連技術は、まだ進歩中だから、まだまだ、開発されなければならない部品は多い。

とにかく、「EVは部品が少なく、他業種から参入しやすい」という誤った見方を信じる人は多い。

経産省にもそういう人がいるが、何のためにそういうのだろうか?
皆さんおっしゃる通り、子供か素人が書いたような、まるでミステリー小説のような記事。

ー(EV)に切り替わることで、国内の部品メーカーの雇用が大きく減少する恐れがあることが20日、明らかになった
EV普及で社会全体の雇用が減るかは疑問ですが、本当に雇用が減るならガソリン車は大衆モビリティを支える商品としては役目を終えてしまったという事になりますね。
デジタル化が今より進展すると人のモビリティ需要は確実に減ります。コロナ関係なく中国の人のモビリティ需要は既に減っています。代わりに物の移動の需要はかつてない高まりを示しています。日本はデジタル化が遅れているのでこの流れが遅いだけで、高齢化も相まってこれから確実に流れは来ます。
物を運んでもらうのにガソリン車を指定したい人なんていません。むしろ排気ガス撒き散らす車で届けてくれるなという人はいそうです。

日本の自動車産業はガソリン車やその知財を守るのではなく、社会に必要とされる物は何なのかに焦点をあてて価値を再定義して頂きたい。
私は日本の自動車会社に頑張って欲しいですが、全てにリソースを分散して全てがダメになるという道筋しか見えないです。
そうなるには、EV車の値段が下がることや、短時間で充電できる技術の向上や充電個所の充実など、越えなければいけないハードルは山ほどあるでしょう。
いくらEV化されても、発電でCO2大量排出したら意味ないですし。
クルマ単体で考えるとこうなる…というアンチプラクティスですね。

EVの場合、インフラも込みで考えないといけませんし、そもそもクルマだけで考えるとしても、部品点数で雇用を読めるわけではありません。

こういったミスリーディングな記事で不安を煽るのは避けるべきだと感じます。

それほど単純な問題ではないので、きちんと文責を持って伝えていただければと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
EVは部品が少なく参入がしやすい、というのはしばしば聞いていた言説だったので、コメント欄を見て、不用意にその説を信じてはいけないのかもしれないと思いました。

直感的には、燃焼を伴うエンジンと比べて、モーターとバッテリーには駆動部分が少ないため、構造は単純になるように感じます。
が、それほど単純ではないのでしょう。

もし、そんなに簡単に作れるなら、出荷台数が少ないにせよ、もっと価格が下がってもおかしくないはずですし、部品点数が減っても他に費用がかかっている、ということなのでしょうか。

ただ、同じものを作り続けていられるわけではなく、否応無しに変化への適応を迫られるのかもしれません。
日本では自動車産業に関わる人が多いことから、この手の記事は目を引くが、AIも同じ文脈で語られるように新技術の普及により失われる仕事があることは今に始まった話ではない。

例えば、パソコンやスマホの普及により様々な産業が影響を受けているが、失われた雇用は何十万になるだろうか。

社会や技術が変わる中で、どう生き残るかを考え、自らも変わることを意識しておきたい。
EVは部品点数がガソリン車に比べかなり少なくなるため、その分、雇用も失われるという観点。自動車メーカーもこの点は意識しているところだと思います。国内のルールではなく世界のルールで進む話でもあるので、しっかりと検討しなくてはならないと思います。