新着Pick
871Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業承継は小型、MBOは簡単ではなく、単なる資金調達や株式の異動であればPE以外の選択肢も多い。そうすると規模も面でも「大企業からのカーブアウト」や「ファンド間のセカンダリー取引」が大手PEファンドの主戦場となっています。

今は大企業からのカーブアウト案件(例:日立や東芝など)がかなり活発化しており、このトレンドは続くと思います。またコロナで一時的に事業が苦しい産業の救済案件もファンドにとっては高いリターンが期待されるため、注力領域なのではないかと思います。
わかりやすい説明、ありがとうございます。
APさんはバリューアップに定評があるので、次回記事も楽しみです。

以前は、遊休資産を売却したり、前オーナーがジャブジャブに使っていた経費をカットしたり、ある意味簡単な方法でリターンが出るようなケースもたまにあったと思いますが、今はそんなに甘くなくて、ちゃんと真っ当にバリューアップ活動をできないとファンドとしてのリターンは出せません。
そうした真っ当なバリューアップ活動が、投資先の関係者、ファンド投資家の双方にとっての利益につながることが最高の喜びではないでしょうか。PEファンドの運用者として。
今回は投資の呼吸の7つの型、次回はバリューアップの呼吸の型をお届けします。
日銀のPEファンドに関する論文が年末に出た事もあり、自社でも検証したいとは思っていたのですが、1週間サイクルの執筆期間では間に合わず、簡易的な形になってしまいました。また、比較とか推移とか言うからには3年は取ろうとしたのですが、3年に延ばすと投資期間の関係上サンプル数が一気に減って、一桁になってしまうので、2年11社のサンプルとしました。3年取れる先に限ると、実はもっとパンチが効いた良い数字になったのですが、それはそれで恣意的であろうと思い。
最後の働きがいについては、良い事をしようというより、社員が働きがいのある会社、あるいは環境だと感じている事そのものが、組織の力を引き出して、経営が上手くいっている代理変数であろう、という点で重視しています。組織生産性については、古くは「エクセレント・カンパニー」、最近では「ティール組織」「TIME TALENT ENERGY」など名著が多く、何が組織が上手く行っている代理変数なのか、は自社においても考えてみても良いと思います。
「7つの型」の整理、非常にわかりやすいです。ありがとうございます。

実際に③カーブアウトでファンドさんに売却した経験がありますが、タイミングや売却先が本当に重要だなと感じます。個別企業のリソースは有限であり、PE投資は継続的な成長や構造的な変化をもたらす一つの重要な機能、手段であると思います。

こういった記事を通じて売り主や世間がファンドさんに対する理解をもっと深められると良いなと思います。
どうしてもPEファンドに対する一般的なイメージは、場合によってはリストラ含めたコストカットをして短期的な利益を出して売り抜ける、というステレオタイプなものがまだまだ大きそうですが、そうではないしっかりとした事例もかなり出てきた、というのがフェアな見方と思います。「も」というのが重要なところで、本質的なバリューアップができるファンドと、事業の理解がないまま、儲かればよいということで現場の混乱だけを招いている場合が混在しており、当たり前ですが「PEファンドは」というひとくくりの主語では語れない話と思います
PEファンドの成功は「関連性の薄い事業の多角化はダメ」という経営学に対するアンチテーゼ的なところがあり、ぜひ研究したい対象です。
PEファンドによる投資と言えば「破たんした企業の再生」というイメージが強いですが、実際はもっとも多様な世界が広がっています。この「7類型」を知っておくだけでも、ニュースに対する解像度が上がりそうです。
この一連の記事、めちゃめちゃ面白いし、まんまと目的にはまって、アドバンテージパートナーズすげぇ!ってなってます笑 手掛けてる案件がそれぞれ本当に素晴らしくて、ビジネスモデルも面白いです。
思っていた典型的なPEのディールとは異なる事例が紹介されていて面白かったですし、個人的にはPEは社会に必要な存在だと思いますが、競合・代替手段は何があるのかという点に興味があります。

日本では特に総合商社という、ヒト・モノ・カネ・カンガエを一社にして提供出来る(少なくともそう標榜している)組織がありますし、昨今人員やサービスを拡大しているコンサルティング会社も「カネ」以外の部分は補うことが出来そうです。また、PEからの資金に頼らなくても、事業会社が銀行からの借入でレバレッジをかけた買収という手段もあると思います。

とすると、PEという組織に特殊性・強みが必要になると思いますが、究極的には何になるんでしょうか。詳しくないですが、インセンティブ構造(ガバナンス)にあるという認識です。コンサルティングは「プロジェクトの人数×単価を増やす」、総合商社は「長期保有により配当やシナジーで利益をあげる」、銀行は「融資利息を確実に回収する」が基本だと思います。一方、PEは限られた期間内に投資先を見つけ、価値を高めて、高値で売却することでリターンを得るビジネスであり、投資先のバリューアップのためにはしがらみや制限なく何でもする。

LPに投資リターンを継続的に還元出来ないとファームの継続が難しくなるプレッシャーと、投資先企業の業績とプロジェクトメンバーの報酬が大きく連動することが、他の組織との大きなインセンティブの違いかと思います。
PEファンドについてのこうした記事はなかなか見ることがないと思います。

「雇用や報酬、ワークライフバランスに加え、働きがいについても、株主の立場から後押ししていきたいと思っている。」
この連載について
教養を身につけたいけども、忙しすぎて学ぶ時間が取れない。一方で、日々のニュースだけでは、体系的な知識を得られない──。そんなビジネスパーソンに向けて、NewsPicks編集部が月ごとにテーマを設定し、専門家による解説記事をお届けする。週末のひとときで、手軽に「新書一冊分の知識」を体得してほしい。