新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
10代の悩みは、社会の「映し鏡」。これは非常によくわかります。良くも悪くもさまざまな知識常識経験を持つ大人に対して、10代はある意味真っ白な状態で、社会課題を捉えます。想像力も豊かであると思います。そこからはきっと多くの示唆がある。

コーヒー×SDGsという切り口が分かりやすいという理由で学校での講義依頼が多くあるのですが、学生さんの声は本当にハッとさせられ、どちらが学んでいるのか分からないほどです。

攻撃・怒り・非難・対立といったものではなく、うまく対話・協調できると良いなと思います。
世の中で最も大事な資本は人です。「芽を潰すことは社会の未来の損失」という考えに激しく同意。「かわいそう」ということでなく大人そして力のある企業が自分たちも所属する社会のためにも若手支援には取り組むべきだと思いますし、誰でも何かしらできることはあります。
私が今の20代、特に前半の若い世代に希望を抱くのは、弊社の調査でも「これからは若者が主役の時代だ」と言う意識がこれまでの20代に比べて非常に高いと言う事実です。
対案を模索して、トライ&エラーを重ねたり、案が見つかるまでさまようことが出来るのも能力の1つだと思います。
そのための余裕や機会を、一般の教育システムを取りこぼしてしまった人たちに提供しようとする今井さんの活動も素晴らしいと思います。
人間は進化していくもので、若手の方がより潜在能力面でアップデートされているといった視点は大切。

日本の企業は、いまだピラミッド型でトップの意見が絶対である文化は残ってますし、斬新な意見は聞き入れてもらうまでに時間がかかります。

傾聴力と共感する努力が必要。年の功でマウントをとったり、あえて一旦突き放すといった方法は、もうマッチしないのでしょうね。大人がまず意識を変えるべき。
ハフポストさんからインタビューを受けました。

子どもたちや若者の違和感には社会課題を考える、向き合うヒントが企業側にも社会にもあるはず。もっと「学ぶ」姿勢を企業や国、強いてはひとりひとりが持つ必要があるのでは、と思って話をさせていただいました。
「空気を変える方法」は多くの企業・団体が知りたいところ。
ソーシャルグッドを志向すること自体、そのひとつの方法です。
お世話になってるD×P今井さんの取材記事。今まで大人が放置していた社会課題を背負う若い世代の声に気づかされること多々あります。

同じ社会を作っていく仲間として、対等に対話する企業の方々が増えると、よりよい社会になると思います。
いずれにしろ対話が必要ですよね。各世代で当たり前考える常識が異なるので。
熟議していかにいいアイデアを考えられるか。
生徒の声に真摯に耳を傾ける姿勢を忘れずにいたいと思いました。