新着Pick
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マネーフォワードは会社目的に「銀行、貸金、証券、保険分野における金融サービス仲介業」等を追加する定款変更を予定(2月26日開催の株主総会に付議)しているとのことですが、今回のライフネット生命との提携による自社ブランド生命保険商品の販売(媒介)は今秋スタートする新しい金融サービス仲介業制度を用いるのか、従来制度を用いるのかが気になります。
https://www.nikkei.com/nkd/disclosure/tdnr/cqer4f/
金融サービス仲介業制度はまさにマネーフォワードのような家計簿アプリ運営業者が各種金融商品・サービスの提供を行なうことを想定して創設されたものですが、今回の記事にあるようにマネーフォワードの自社ブランド保険商品を提供するということであれば、多数の保険会社と提携し、様々な保険商品を取り扱うことを想定していないようにも思われ、敢えて自社の責任が重い*金融サービス仲介業制度を用いることもないのかなという気がしています。
(*)金融サービス仲介業制度においては、「所属制」が採用されておらず、多くの金融機関と提携してもその業務運営監督に対応する負担が軽減されている一方、損害賠償責任を自社で負ったり、その代わりに保証金を供託する等の義務が定められています。
保険は、最適化することで出費が抑制できるものなので、このマネーフォワードとの提携は、すばらしいアイデアだと思います。

これから、旧来の形式を踏襲する保険は、とてもつらくなるでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ライフネット生命保険株式会社(ライフネットせいめいほけん、英名:LIFENET INSURANCE COMPANY)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の生命保険会社。 ウィキペディア
時価総額
792 億円

業績