新着Pick
455Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「他者の評価を気にせず、自分が信じる道を進むこと」は容易なことではないと思います。でも、何も正解のない今の世の中では、その行動をするチャンスでもあると感じます。「まず、行動すること」・・・これが自分の信じる道を進む第1歩になると確信します。
人気 Picker
自分の進む道は自分のぶれない軸であり、それを貫いた後に、自ずと評価がついてくる。
他者の評価を気にしてぶれぶれになってしまうことなく、自分の軸はどこにあるのかを信じて、前に進めたいですね。
おはようございます
シゴテツ、二日目の記事です
お楽しみ頂けると幸いです!
北野唯我氏の連載第2回です。
---
HR分野で急成長するワンキャリアの取締役であり、文筆家としても精力的に活動する北野唯我氏。

そのキャリアに一貫しているのは「戦略家」であることだ。博報堂から、ボストン コンサルティング グループを経て、スタートアップの経営に参画。北野氏はどんな戦略で自身のキャリアを歩んでいるのか。

そして、「働く人の応援ソング」として執筆し続ける、その使命感とは何なのか。(全7回)

■第1回 今日死んでも悔いはない、そう思えるように生きる
■第2回 他者の評価はどうでもいい。自分が信じる道を進め
■第3回 徹底した戦略が「勝ち」を呼ぶ
■第4回 「資本主義の世界で勝ち抜く」という誓い
■第5回 組織の「ど真ん中の席」に座らないと成長できない
■第6回 リーダーは、自分が信じる価値を貫け
■第7回 苦しんだ分だけ、誰かを救える
自分をも信じることの大切さを 再認識。
ぜひ読みたい。
>一時的な他者の評価など、どうでもいいのです。自分が信じる道を進べば、必ず後からそれらは付いてくるものなのです。

自分の仕事や行動に対して、ここまで強い意志をもって望んでいるだろうか。
必要だと考えることに全力で取り組んでいれば、社会が評価してくれます。社会に評価してくれる人がいるなら、それは全力で取り組む価値のあることです。

組織や周りの人の評価を気にすると、何もできなくなってしまいますが、組織や他人が人生を保障してくれるわけではありません。
ほんとにおっしゃるとおりですよね。

人の評価が気になっている間は、きっと本当にやりたいことをやっていない、自分が信じる道を進んでいないということですものね。

夢中になっているときって、余計なものすべてが遠心力で吹き飛ばされて、やりたいことに集中できているもの。
マズローの5段階欲求説によると、承認欲求を満たされた人間が次に求めるのは自己実現欲求であると言われています。

他者の評価を気にしないマインドになるためには、その通過点として他者から評価され、承認欲求を満たされたという経験が必要なのかもしれません。
自分の進路について考える時間を100とすると、他人が自分のために考える時間など1にも満たないので、全くその通りだなと思います。あと自分ですら何がやりたいか分からないのに、他人が分かるはずがありません。試行錯誤あるのみですね。
人の評価なんて、そんなもの。
絶対的に価値判断できる人は少ない。

ってお正月の芸能人格付けチェックを見てると思うのです。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。