新着Pick
272Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
別記事へのコメントで「オリンピック精神にも合わない発言」と書きましたが、ご本人も「オリンピック・パラリンピック精神に反する発言」と認めました。「撤回する」ともおっしゃっていますが、一度出た発言は撤回できないものです。発言した事実は残ります。そして、言葉はその人の考えそのものです。オリンピック精神に反する考え方を持つ人を組織委員会のトップに置いて東京オリンピックを開催するのか、という点は厳しく問われるべき点だと思います。
コーポレート・ガバナンスの研究をしている身としては、株式会社以外の団体(つまり利益や、わかりやすい指標で、トップの在り方をモニタリングできない団体)についてガバナンス構造や課題解決に関心が向かう出来事です。
制度設計の課題も意識されそうです、、
ハフポスト記者に聞くというroomです。さっき始まりました。

本日22時からclubhouseで、記者会見の現場にいた記者が裏話をするroomができるそうです!
終わりです。
世界中から非難轟々。
日本人は、こうだと同じく思われたくない。日本はまだ未熟な国だと世界に発信した様なものです。怒りも通り越して、呆れも通り越し、この人間が総理だった事を後悔して、言い訳に終始し、開き直る姿を見ていると、今の政治家にも似たものを感じる。大人が手本となる生き方を見せて来たのが日本だと思っていたが、今の日本で一番だらし無いのは、この人間を含めた年寄りだ。これらを見て育つ若者は不幸。変化をするのは当たり前だが、どうやら間違えた方向に変化しているようだ。自分はしっかり生きようと。
今の政治が説明責任を果たさない風潮がある中で、内容はともかく、自身が出てきて、自分の言葉で記者からの質問に答えていた姿は評価できると感じた。

80過ぎの方が生きてこられた時代背景を考えるとこのような考え方でいても何ら不思議はなく、問題はその様な考え方の方がグローバルからも注目されるポジションに就いていること。
こんな発言をしてしまうリスクは最初からあり、それでも森さんが相応しいと選定した人、仕組に問題あり。
どうせこのままじゃ済まないので辞任なさった方が良い。しかし記者も質問力がないと言うか、ワイドショー的と言うか。「データ無い」と仰る人達はこんな発言が如何に時代遅れで、世界の潮流に合ってないことをエビデンス出せばいいのに、と。会見は低レベルでつまらないものですね。
謝罪会見ではなくて、高圧的な言い訳会見にしか見えない。今までの流れを見ていて、森喜朗会長がこんな発言をしても正直、言うかもね、と納得してしまうけど、そんな83歳の人物を会長に据えたままというのが、残念ながら日本なんだなぁと改めて思いました。81歳の二階幹事長しかり、80歳の麻生財務大臣しかり。残念ながら高圧的で失言癖という共通項が。。
怒らせる質問をしたTBSラジオの澤田大樹記者は、よくTBSラジオの荻上チキさんのSessionで話を聞きますが、みんなが聞きたいことを普通に聞いてくれたとしか感じません。こんな質問をすることこそが本来は記者の仕事のはずです。
「必ずしもいつも来ていた方と違う皆さんもおられてよくわからないところがある」
今さら人見知りをカミングアウトされるわけですか(皮肉です)。
よく知った相手にしか話せないような人が、国際的なイベントで責任ある立場に就いていることを、いったいどう正当化できるんだろうか。
もはや、いざ中止となったときに、組織委員会を代表して責任をとってもらう、それだけのために温存している存在としか思えない。
そうでなければ、この存在そのもののマイナスイメージを放置する説明がつかない。
後半は、関西でいうところの、「記者をおちょくった」受け答え。

自分は清濁併せ呑む人間だと言いたげだが、信用できない人間であることだけが印象に残った。

自民党て、本当に人材がいないね。
っつか日本人はこういうのだって思われたらまじで迷惑なんだが。黙って辞めろ。