新着Pick
1033Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年は新型コロナもあって、出張ができずシリコンバレーなど世界の動向が見えにくくなる(原因の一つは映像など大手メディアの北米本社はNYにあり、西海岸のシリコンバレーの情報網に弱いからです)と思い、著作をあえて増やしました。そのうちの一冊を今回、紹介して頂きました。他にはダイヤモンド社の「スタートアップとテクノロジーの世界地図」などもありますし、2月には「世界標準のテクノロジー教養」という本が出てきます。各分野の専門家の知恵が凝縮されています。

あえて、海外の視点を重要視しているのは、テクノロジーにとって国境は関係ないからです。いいサービスは国境を簡単に越えてきます。Clubhouseなんて、日本語化さえもされていないのにヒットしてしまうのは驚異的だと思います。
なので、海外のトップスクールの学位をちゃんと取得していなかったり、テクノロジー業界の実務経験がない人の書籍はあまり参考にしていません。本を読む際には、英語の本も是非読んでください。UberのSuper PumpedやInstagramの
No filterなどアメリカで発売されて1年ほど経つのに和訳されていないものは多くあります。更に言うと、本だけでなく、英語で米国の最前線の人と議論できる様になるのが一番かと思います。自戒もこめて。
そこらへんのアドバイスは去年のシゴテツで取り上げて頂きました。
https://newspicks.com/news/5036657

最後のメンターシップは、できたら専門性の違う複数人のメンターの方がいると良いかと思います。それぞれ専門性が違う人からのアドバイスで、意見も違うかもしれませんが、もし共通したアドバイスがあればおそらくそれは自分の気づいていない自分の適性や、特徴なのだと思います。社外取締役の機能と同じです。私は20代のNY時代のときから大学の同窓会などで30代~70代の先輩に大変お世話になったので、必ずしも国内で探す必要はないかもしれません。
一つだけ確実に言えるのは、今我々が「ここだ」と思う企業は10年後には、いない可能性が高いということでしょうね。

正解はわかりませんが、「ここではない」ということだけでも認識しておくと、先は読みやすくなります。

技術の進化で言えば、SF作家の方々の先読みが一番精度が高いと考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。