新着Pick
194Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
テスラは、2019年11月、将来のベルリン空港近くのグリューンハイデに大工場を建設することを決めた。しかし、そのためには、82.8ヘクタールの森林伐採が必要で、昨年12月には、この環境破壊にストップがかけられ、工場建設も中断していたのだが……。そのあたりは、どうなったのだろう?。
EVに不可欠であり、コストを決定する要素でもある、車載電池。

この覇権争いは、実質上「Tesla対CATL」に絞られました。

EUとしては、中国の企業ではなく、米国の企業に投資することを選ぶということです。

以前の半導体戦争で、Samsungが「投資」の体力勝負で勝ったように、この車載電池戦争も「投資合戦」なので、今後も、この記事のように「どちらにベット(賭けるか)するか?」というものが多くなっていくと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
もはやバッテリーのコストって何なんだろう。各国が税金投入して作るなら、コスト競争や技術競争ではなくなっている。もはや農産品の部類だな。
「持続的社会」が望む方向性に向かう「不可欠な価値」を提供する企業、という2つの要因を満たす企業は:

・大きく成長するポテンシャルがある
・多額の資金が必要になる可能性がある
・winner takes allまで行かないまでも、限られた数の企業に集約される可能性がある

その場合、地政学的リスクのマネジメントが、企業側、国側双方にとって、極めてクリティカルになると言うこと。

「持続的社会」が望む方向性に向かう「不可欠な価値」とは、日本企業が本来得意とする分野。この強みを生かすためには「大規模資本投下」、「地政学リスクのマネジメント」も不可欠な要素になっていく。
グリーン技術に超具体的な支援。マーケットデザインの観点で、このいわゆるグリーンプレミアムを政府が補助する仕組みはどれぐらいが適切なのか、すごく興味ある。誰か教えてください!
なんというか、北米の自動車会社がドイツに工場を作って、それをドイツ政府が支援するって

なかなかですよね
数年前まで資金難で苦しんでいた会社とは思えませんね。
今では取り合いになっています。
独以外にも支援をして工場誘致に動く国はたくさん出て来ると思います。
株価が上がるのは分かります。
どんどん有利な状態になって一人勝ちですね。