新着Pick

関東甲信で大雪の恐れ、警戒を 24日にかけ、都心部も積雪か

共同通信
関東甲信で大雪の恐れ、警戒を 前線や低気圧の影響で関東甲信は甲信を中心に24日にかけて大雪になる恐れがあり、気象庁は22日、雪によ...
24Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
低気圧の発達が、当初の予想では一つの低気圧であったのが、日にちが近づくにつれて、南海上を離れて通過する低気圧と、そのあとから追いかけるように発達する低気圧の二段構えに変わったところが、数日前との違いです。低気圧の発達も、数日前に見込まれていたように暖気を巻き込んで強く発達するというよりはやや穏やかな発達となりそうですが、問題は後から来る低気圧のほうが特に発達するため、暖かい空気を先行する低気圧が持って行ってしまったところで発達するということになり、特に冷たい空気を関東地方に引き込みやすい形となっています。

22日昼前の気象庁の情報からいっせいに関東の平野部でも雪の可能性について触れはじめましたが、夕方の気象情報ではより広い範囲で雪の可能性が出てきたとして警戒を呼び掛けるようなムードに変わってきています。一方で大雪の恐れありとみられた東北の太平洋側までは雪雲が広がらない見込みとなり、その点は良かった点です。

22日夜の時点でも、関東各地はまだ夜の冷え込みは割合弱く、5℃以上あるところも多いですが、23日に雨が降り始めると空気が乾いていることもあり蒸発などで熱が奪われて0℃近いような冷たい空気が地表付近に溜まると見込まれています。23日夕方には関東北部や西部の広い範囲で雨が雪に変わる可能性があり、23日夜には東京都心部も含んだ関東南部でも雪が降るところがありそうです。雨が雪に変わるタイミングが早いと、気象台からの情報よりも多い降雪量となり、道路にも積雪し夏タイヤでの運転が厳しくなる状況も十分あり得ます。鉄道の運行も厳しい状況が考えられます。
23日昼過ぎから、24日の昼頃まで、甲信地方、関東北部、関東西部では大雪に警戒が必要です。どうぞ最新の気象情報にご注意ください。
都心部でも積雪の恐れ…。どうなるかはまだわかりませんが、最新の情報を常にチェックして、公共機関を使って外出する際は余裕を持って出かける、車の場合は積雪や路面凍結に注意するなど、十分に気をつけてください。
1/12前回の雪と違うのは降水量が多い事です。前回は気温も高く、降水も少ない予想から雪は降っても積雪にならないという予想が比較的容易にできました。
ただ、今回は気温は前回同様高い予想ですが、降水量が多いので気温によっては積雪になりそうです。
今のところ寒気も弱く気温が高い予想ですので、山沿いを除いた平地では積雪は関東では無さそうです。
先ほど、スーパーで久しぶりにかなりの買いだめをしました。
雨でも荷物を持つのは大変なので。

久しぶりの湿気を期待したいです。
今週末は都心で積雪の可能性ありと。
週末であること、リモートワークであることから、私自身はあまり影響はなさそうですが、仮に雪の場合、週明けにご出勤される方はお気を付けください。