新着Pick
416Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
あまりに偉大な人たちは、時代の先を行き過ぎて、生前には評価されない場合が多いですよね…宿命とは言え、残念です。

(以下、記事中から引用)
もう一つ、産業科学者について「なるほど」と思ったのは、フロントランナーは成功しない、ということです。
(中略)
科学コミュニティではいろんな発見や知見が論文の形で共有され、それをヒントに次のブレークスルーが生まれていきます。
デール・シェンクは、膵臓がんで2016年に亡くなります。彼は、生きている間は栄光に浴することはなかった。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
人気 Picker
ノンフィクション作家の下山進さんに、話題の新著『アルツハイマー征服』についてインタビューしました。とてつもなく面白い本で、時を忘れて読みふけってしまいました。

仕事柄、つい「どんな取材をしたのだろう」と考えながら読んでしまうのですが、日・米・欧の大勢の関係者から同等の深さで機微に触れるエピソードを引き出しているのは、すごいとしか言いようがありません。複層的な人間ドラマとして構成していく筆力にも圧倒されました。

記事中にもあるように、下山さんは編集者として数多くのノンフィクションを手掛けられており、私自身もこれまでの2冊の単著でお世話になっています。科学ノンフィクションの意義についても、存分に語って頂きました。
とても面白い、今度読んでみよう!
「産業科学者」という言葉が新鮮。たしか日本は、様々な大企業の研究所の設置で、70-80年代は米国より先行していたと思う。一方で、その後の米国の巻き返しは、大企業ではなくそれを成長産業でスタートアップと結び付け、大量のイノベーションの種と、買収によるエグジットを組み合わせてビジネスとして成立する形態にしたことと、どこかの本で読んだ。
日本でもリアルテック・ディープテックという言葉が出てきているが、そういう動きがより強くなっていくと嬉しい。
科学的な話かと思って読んだら違和感が。
記事は、創薬のドラマでした。
こう言うのは、専門家のコメントをつけてほしいね(サイエンス担当を称するなら
この連載について
サイエンスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート