新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リモートワークにおける会議の開催は、様々なリモートツールにより開催できるために、全くコミュニケーションに苦労しませんが、記事に書かれているような、ちょっとした時間に雑談や聞きたいこと、話かけて解決したいことを、わざわざリモートツールで開催して会話するほどの手間が課題なのですよね。
意外と話せばたいしたことがないのに、ミーティングだけのコミュニケーションですと、普段より情報が欠けてしまうことでのエンゲージメントやモチベーションがダウンしてしまうことはあると思います。
常に誰かに繋がっているという状態、人によっては決まった時間にミーティングだけでオンオフとしたい人もいるとは思いますが、例えば新入社員の皆さんであったり内定者の皆さんであったり、同期のグループで繋がることに意味がある層には特に有効なバーチャル空間ですね。
oViceに出会えたおかげで、弊社のリモートワーク環境が劇的に向上しました。

システムの手軽さ、パソコンのCPUを圧迫しない仕様、アイコンの可愛さのどれをとってもZoomに引けを取らないプロダクトと感じています。

しかも、安い。安すぎる(50名利用で月5000円=一人100円/月)。

緊急事態宣言中は無料とのことなので、使わない手はないかなと思います。

音質も動画の画質も良いので、オススメです。
これは、オンラインでの仕事になった時からの課題ですよね。
オンサイトの時にコミュニケーションが、あまり取れていなかったのにオンラインになったから、と言って急にどうにかしようとしても、どうにもならないはずです。
新たな取り組みとして「新しいコミュニケーションスタイル」を考えていくことが求められていると思います。
Slackで朝礼をしたり、すぐに話せる体制をつくるなどしてチーム内のコミュニケーションは滞らないようにしてますが、やはり雑談も大事だという意見は1on1 で上がって来ます。ただし、バーチャルオフィスだと監視感が強いのでWFHの良さが消えるような気がします
バーチャルオフィスか。常に繋がる事がテレワークの浸透には必要だとの声も多いし、面白いサービスです。
元々部下に嫌々、強制させていた仕事は著しく業務効率が落ちるでしょうね。それはツールの問題ではなく、仕事内容とタスク振りの問題が顕在化しただけ