新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
色々と最近変化が激しすぎて執筆中の原稿がちっとも纏まらず頭が痛いです。
いつも思うのは変化のベクトルというのは誰でもわかるけれど、それがいつ起こるのかはおよそわからないということ。
量子力学の位置と運動量は同時には確定できないみたいな話で、観測者ならぬ凡人にはなかなか確定的なことは言えないものです.
早すぎても遅すぎても予測は外れなわけで、この加減が難しい.
もう少し悩んでみます.

【今日の歴史】
BC27年の今日元老院はオクタウィアヌスにアウグストゥスの称号を贈り、歴史的にはこの日がローマ帝国誕生の日とされる。
この称号自体には本来名誉職的な意味しかないが、逆にインペラトールやカエサルのように一般的な役職や家柄を表す称号と異なり、皇帝しか名乗らない称号だった為、後にローマ皇帝をそのものを表す称号として使われるようになったのだった。
こんばんは.

昨日は,10月からお手伝いさせて頂いた区立中学校の「総合学習」のクラス発表会がありました.
1ヶ月前に体育館で,1つの班が6回発表してプレゼン力をトレーニングする機会を経て,本番を迎えました.冬休みを挟んでいるにも関わらず,発表はさらにアップデートしていました.特に素晴らしかったのは,発表の際に聞いている人たちの反応をしっかりと理解し,飽きさせないように途中でいくつかの質問を入れたり,新たな動画を差し込んだりと,単なる発表ではなく,いかに聞いている人たちの興味を引けるかを真剣に考えて本番までアップデートし続けたところです.

そして,中にはほぼ動画だけでプレゼンしてしまう班もあり,文字だらけのスライド見せる大人のプレゼンよりも面白いものが出てきました.
クラスの代表2班が決まり来週は学年全体発表です.
他にとても良かったことは,学校側が寒い日はコートなどのアウターをきて授業を受けてもいいと認めた上で,換気をしていたこと.
僕も甘えてコート着てお話しました.
どこかの学校で授業中のコート禁止みたいのがありましたが,是非見習って欲しいと思っています.
公立の学校だから一律横並びみたいな時代は終わっているということです.

皆さん本日も素敵な1日をお過ごしくださいね!
久しぶりにこちらにコメント。

専門分野に近しいことだったので、書いてみましたが、、、気づいたのも論文とか読んでからコメントするのも遅くなったためにあまり見てもらえず、こっちで宣伝です!笑

Apple Watchで心拍変動を見ていくとCOVID-19の早期発見に役立つのでは?という記事
https://newspicks.com/news/5541580/

1つの体調管理指標にはなりそうですけど、これだけで対応をどこまで変えられるかはかなり微妙という感じですかね。
でも生体情報がbig dataとして個人の健康にも、公衆衛生にも役立つ可能性には私も期待しています。

例えばクラスターが発生した病院で、直後のPCRは陰性、かつ、自覚症状もない、でもHRVは低下しているとかをスタッフに余力があればですけど、自宅隔離で数日様子観察するようなことができればちょっと良かったりするのかもしれませんが。
あくまで可能性の話です。そもそも研究の基準でやろうと思うと普段の心拍変動も観察しとかないといけませんし。



そんなに患者数の多くない地域の民間の急性期病院ですら、少しずつコロナ禍の影響を実感する日々ですが、、、古巣の東京の病院のニュースなどを見たり、実際に友人から東京の医療の話を聞くたびに本当に大変だと感じます。

そして最近は様々なニュースやコメントを見て、最適解というのが難しいということを考えます。

やはり医療ってヒトを相手にするものだし(ある意味で自分の身近なこととして想像しやすく、かといって病気自体は罹らないと縁遠いことで)、一度も風邪にかかったことない人や病院に行ったことがない人はいないから余計に各人の「思い」があって、そして関わる人が多く不安という感情などがビジネスに関わったりするので、、、なんだか同じ方向を向くのが難しいなぁと思ったりしてます。

別に聖職者でもなんでもありませんが、、、皆様が今年1年も健康に過ごされますように。
おはようございます。
今日は目白の宝である「つけ麺・丸長」でランチです。楽しみ。日本のつけ麺文化のルーツの1つであり、有名な大勝軒もここから生まれています。
「内弁慶なやつら、今日まで我慢する。今回はこっぴどく叱ってあげる」

ヒョヨンのこの感じ、いいっすねー☺️
https://news.kstyle.com/m/article.ksn?articleNo=2160278
---
https://youtu.be/pgjQkcYD-rQ
家の中で危ないことをして、
娘が母親にものすごく叱られてます。

私も子どもを叱るとき、もちろん子どものことを考えて、正しいことを教えるためにとの気持ちはありますが、親の都合でその場を早く収めたいとの気持ちも働いていると実感すること…ありました。

反省です。

たとえば「早くしなさい」

お出かけの時、ご飯の時、お着替えの時、親はついつい言ってしまいますよね。

でもよく考えると子どもには「はやくしなくちゃいけない理由」がないんです。

「いつまでにこれやらなきゃ、あれができない!」ということがないので、モチベーションがないし、「はやくする」っていうこと自体がわからなかったりする。

いまどう思っているんだろう?
子どもにより目線を合わせて、寄り添って考えてみることが基本だなと感じます。

これは、子どもに対してのみでなく、人間関係において普遍的なものかなとも思いますね。
来月に息子の保育園で発表会があり、動画撮影用のビデオカメラをレンタルしようと検討してます。(以前購入した某会社のカメラは編集ソフトがゴミだったので、SONYかパナを)

結局試し撮りなど考えると1週間以上借りる事になるので、だったら買ってもいいかなと物色。

実は1年前にも購入を検討しましたが、コロナの影響でイベント開催が不透明なので当時は見送りました。

で、今見てると、2020年って新製品って出てないんですよね。
今買うにしても2019年モデルか2018年モデル。
しかも、このシーズンなので別に安くはない。

冬のボーナスで特に大きな買い物もしてないので、買うのはやぶさかでもないのですが、なんだか面白くない。1年前と価格は変わらない。

うーむ、どうしますかねぇ。