新着Pick
915Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人は生命なので、その行動も、個人の集合体である組織も、さらに大きな社会も、起こる問題の直接的な原因だけでなく生物的な要因・生命原則に立ち返えれば、おのずと解決策が見えてくる。視野をミクロにもマクロにも自在に行き来しながら課題と向き合うことで、私たちはより生きやすくなるという考え方を紹介いただきました。
「生命科学的思考」、大変素晴らしいアプローチです。

この記事を読んで頭に浮かんだのは次の二つ。

(1)遺伝子は予測系AIにおける正負の閾値を決定するような役割を持っていそう。

AIの研究をしていると、予測結果をどの閾値で正とし、負とするのかというお題にぶつかります。例えば、「心地いいと思うか/思わないか」「美味しいと思うか/思わないか」「腹が立つか/立たないか」など、人間はそれぞれにおいて、二つの選択肢(もしくは多数)から無意識にいずれかを選択しているわけです。選択肢のうち、どちらを選ぶか(自然とそう思うか)は、人によって閾値がことなるはずです。これは人生経験によるところと、一部遺伝子によるのものもあるのでは?と感じました。

(2)時間的視野と空間的視野はAIにも必要に

現代のAIは、短期的・近視眼的に判断する傾向にあると、わたしは思います。この記事における、時間的視野と空間的視野がAIの判断にも加わってくると、どの時点での誰のための正解なのか?という視座においてAIが最適解を導いてくれるようになります。



あらためですが、人の研究はそのままAI研究にもつながるのだなと思わせてくれた記事でした。
「なぜ今の状況がつらいと思うのか、正確に認識することが大事だと思います。」はまさにその通りと思います。現実をしっかり見ないでおいて、ニュースに踊らされたり、あるべき論だけを振りかざすということが非常に多いと思うからです。
生命科学的思考面白いですね。自分の遺伝子を受け継いだ子供達ですら客観的に観察していると不安がるタイプか果敢に挑戦するタイプか、全く違いますから勉強になります。だから個々の強みがあってこそ社会が成り立つダイバーシティの世界なのだと思います。
不安要素は遺伝子の機能によりそう思ってしまうからと、客観的にとらえ、嬉しい気持ちは素直に受け入れる時点で、ポジティブな振る舞いではありますが、そうなると楽に過ごせますね。
自分の理想のイメージと現実とのギャップを埋めてどうにか合わせよう合わせようとするのに、現実は変化激しくとまらないため、そのイメージが合わない時に不安要素が更に広がると思うのです。
変化が激しくいつも曖昧で明確な解がないVUCAな時代であったところにコロナ禍の中でさらにその曖昧さが深まったわけですが、いつも変化に順応でき耐性強く持つことができる人材になるためには、自分の環境と自分の視野を理解し、不安に思う前に行動にうつすことに切り替え、変えていきたいですね。
大変共感しながら読みました。私は生態や地球環境のようなもっとマクロな分野のほうが専門に近いですが、似たようなことを考えながら過ごしているので、やはりあまりクヨクヨ悩むこともないし、やるべきことも自ずと見えてきますね。
文章を担当しました。書籍『生命科学的思考』でも編集協力したので、書籍の内容も含めつつ、COVID-19によるカオスな世界にどう向き合い、どう立ち向かっていくかのヒントになればと思います。
嗚呼、まさに今の自分に必要な本・考え方な気がする。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。