新着Pick
103Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
7400万票を手に入れている現職の大統領、果たしてエリートたちが期待したように簡単に弾劾を受けるだろうか。
アメリカ民主主義の欠陥は、いろんな場で露呈している。
アメリカが世界各国に求めている民主化、法秩序でトランプを裁くだろうか。
やったらますます混乱しないか。
上院で出席議員の3分の2以上の賛成は、かなり難しいでしょう。ただし議事堂選挙を扇動した点で「弾劾」手続きを進めたという歴史的事実は残ります。
どうやら弾劾裁判はトランプの退任後も続けることができるらしいです。

で、有罪になると今後に大統領に立候補することをブロックできるらしい。そうすると、2024の出馬を虎視眈々と狙う共和党議員はどう動くんでしょうか。トランプの支持層を取り込みたいけどトランプ本人に出られちゃ困る、みたいな計算もあるんでしょう。
ペロシ氏のラップトップパソコンが乱入者に盗まれたのですね。

https://www.cnbc.com/2021/01/08/pelosi-aide-says-laptop-stolen-from-her-office-during-storming-of-capitol.html

トランプ氏が闘っているのはDSで、そのDS側の証拠→ペロシ氏のラップトップを押さえた…
というコメントがありますが、

これが事実ならば、トランプ氏は議会乱入した人達と結託していることになり、弾劾というより、逮捕されてしまうのでは?
逮捕は大統領現職中はされないので、20日以降になると思いますが…
米メディアをいろいろと当たっていますが、反トランプではトランプを弾劾せよ!追放せよ!、親トランプは巨大IT企業の検閲はけしからん!戦いはこれからだ!といった議論に2分されています。20日の就任演説では国内外に分断ではなく団結を!と主張しなければならないバイデン次期大統領には本当に就任直前から難しい舵取りが求められていると思います。そして民主党側では本当に20日前にトランプがまだ何をしでかすかわからないという恐怖感も高まっているように感じています。
現状では上院は難しそう。再選出馬を封じる目的で、退任後の20日以降に採決という線もあるようです。どう判断するか
11日にも、とは当初からも言われていましたが「テッド・リュウ(Ted Lieu)下院議員によると、弾劾決議の草案にはこれまでに少なくとも180人の下院議員が署名している」で、11日に提出すると表明しているようです

米下院民主党、11日にトランプ氏の弾劾手続き開始=関係筋
(Reuters、1月9日)
https://newspicks.com/news/5523455
弾劾が可決した場合の具体的効果:

・トランプは二度と政府関係の職につけない
・つまり2024年に立候補できない
・大統領退任後の特典(年$219,000の年金、特務部隊による警護、出張手当)がもらえない

米国政府に対する反乱を引き起こしたらどうなるかを将来のために示す必要があります。

が、今の共和党議員の中に、自らの再選へのリスクをおかしても民主主義のために立ち上がる人がどれだけいるでしょうね。

あと、下院と上院での投票の過程で、誰がこの弾劾に賛成・反対したのか記録に残ることにも必要性を感じます。
民主党としてはトランプ氏の政治生命を立ちたいのでしょうが、これはますます米国内における分断と対立を煽るだけの悪手のようなきがします。少なくとも一部のトランプ信者が黙っていないような気がします。
とりあえず下院で弾劾決議を通して、歴史上はじめて二度弾劾された大統領ということにしたいのだろうが、そうした象徴的な価値以上の効果はない。