新着Pick

病床の多い日本でなぜ「医療崩壊」が起きるのか

東洋経済オンライン
――行政は感染者を受け入れる病床確保を急いでいますが、苦戦しています。病床を確保するうえで法律上、どんな問題があるのですか。医療機関には感染症患者を受け入れる法的な義務はない。医療体制を規制する医療…
368Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
記事の内容はやや偏った視点からのご意見なので、以下ご参考までに。

『医療崩壊』という言葉はキャッチーですが、なにをもって『医療崩壊』なのかその定義は定かではないですよね。

これまでの当たり前の医療が受けられなくなる=医療崩壊
とするなら、日本の場合は、これまでの当たり前が、ものすごく恵まれた高い水準です。この状況でそれを維持しつつ、滞りなくCOVID-19患者さんも受け入れできると考える方が無理があるかと思います。

なんで医療体制を整備してこなかったんだ、という声もききますが、
前回の緊急事態宣言時すでに医療崩壊が噂されてましたが、当時よりも何倍もの感染者がでている中で、通常の医療もちゃんと行われておりますし、
そもそも、COVID-19患者の受け入れをなすりつけあっているわけではなく、院内感染によりスタッフ不足になってしまったりなどで受け入れたくても受け入れられない状況になってしまうから、机上のベッド数すべてが活用されるわけではないのです。

通常の医療を制限したり、医者をかき集めたとしても、医療のキャパに限界があるのは明らかで、
(もちろん、もっと有効活用する方法はありますが)
感染自体を抑えていく、という方向にも引き続きしっかり注力していくべきと思います。
人気 Picker
この問題は、慢性疾患も急性疾患も日本の医療費の半分以上を高齢者に費やしていることを考えると、冷たい言い方かもしれませんが、需要側である高齢者は、本音として、どっちに重きを置いて欲しいのでしょうね?

私、別の記事へのコメントで、受けている治療が娯楽的になってしまっている慢性疾患と、本当に継続治療が必要な慢性疾患→高血圧や糖尿病などは、分けて考えて、病院通いが限りなく娯楽に近くなってしまっているものは、本人負担額を上げるべきでは?と書いて、これは高齢者医療問題として難しい問題ですと言われました。

確かにその通りだと思います。これは難しい問題です

では、今のように慢性疾患の治療を受けるハードルが低い民間病院が多くて、急性疾患や重症患者を受け入れる公的病院が少なくても、高齢者はその方が良いのでしょうか?

つまり、今回のコロナのようなことが起こったら、受け入れ病院が少なくても自分達はトリアージを甘んじて受け入れるという考えはあるのでしょうか?
→慢性疾患に掛かる自己負担額の問題は別とします

慢性疾患を診てほしい、いざとなったらトリアージは覚悟しています…と高齢者が考えているのならば、この問題は需給バランスが一致しているので、実際には体制は、保険医療費にメスを入れないと解決しませんね。つまり、解決は政治主導でないと無理。時間も掛かります。でも、そうであれば議論をすべき

この辺りの本音をコメントされる当事者は、NPでも私が知る限り3人くらいです。

北欧やドイツでは、75歳以上の高齢者には原則として呼吸器は付けないという保健医療の方針があります。
→あくまでも保険医療であり、自由診療は別です
追記
保険医療と書きましたが、特に北欧は全て税金です。自己負担は無しです。ですから、予算がありある程度年齢層別に提供される医療体制の枠組みが決まります。

日本のように民間病院が多いのに、自由診療が普及していない国は珍しいですね、日本人はお金持ちもいるのに…と話をしていたのは、知り合いの外国の医療ビジネスをされている方です。
また、日本は予防医学にもあまり熱心でないとも言っていました。

確かに、こんなに民間病院があるのに、差別化されていないから、民間病院という括りで、今回のように批判される訳ですが、需要側はどういう本音ニーズなんだろう?と最近思っています。
これに尽きるのでは:
「感染患者を受け入れていない病院が他の救急患者を積極的に受け入れるなど、病院間で役割分担をすればよい。」
「特別措置法を改正して、医療機関へ要請以上の指示ができる仕組みを検討するのがよい。」
まずは、医療機関の間で役割分担をしっかりするための協議の場を設けることですね。政府が音頭を取らないと。
昨年の緊急事態宣言以降、コロナ患者の病床数を増やしたという話は全く聞きませんでした。選手村でも何でも使ってコロナ患者用の病床数を大幅に拡充すべきだったと思います。
ここは不思議だったこと。
「パンがなければケーキを〜」じゃないけど、「病床がなければ病院を増やせば」と思ってた。増えないのはこういう構造があるのか。第一波から無策なんだな、と思えた。
ヨーロッパのような、基本無料で、お金があれば民間へ、って言う2段階制になってないしね
他国はともかくとして、日本では「医者は医者の言う事しか聞かない」という古層がありますからね。

この言葉は、林真理子の『アスクレピオスの愛人』にあったものですが、日本の状況を描いていると思います。
感染症患者を受け入れる義務はない
一部の医療機関に負担が集中

医療従事者の負担はすでに限界
危機時には別ルールで対応を

東京都はもっと行政介入ができた
病院間の押し付け合いが起こっている

社会を崩壊させない感染症対策を

人と人の接触を断つことが感染対策だという点には抵抗がある
人間社会を崩壊させない形でなければ感染症対策は意味がない
「病気は治りましたが患者は死にました」というのと同じ

感染症を克服できたけど人々は不幸になったというのでは感染症対策をやった意味がない