新着Pick
73Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本は他国ほど外出制限など厳しくないので、海外のデータほどではないにしても、

・気軽に実家に頼れない
・妊娠中に入院を要した際に家族が面会できない(上の子がいると子どもが情緒不安定になりうる)

など、コロナの影響は少なからずあります。

大事なのは、1人で悩まず、誰にでもよいから相談すること。

そして、妊娠中よりも産後の方がより心配です。
ただでさえ不安の多い育児、里帰り出産を断念せざるをえずますます不安な妊婦さんもいはるかと。
感染に気をつけた生活を送っていれば、里帰り出産も不可能ではないですし、
それぞれに合った形で、少しでも不安なく育児できる環境で子育てして頂きたいなと思います。
産前産後の周産期うつの発症率はただでさえ平時でもとても多く、実に7人に1人の割合で発症すると言われています。目下のコロナ禍においては、社会的孤立、経済的困窮、感染に対する恐怖などのストレスが加わり、発症率が更に高くなることは想像に難くありません。

母親の健康、生命だけでなく、子供の成長発達に対する産後うつの悪影響を避けるためにも、より積極的な産後うつスクリーニングを実施する必要があると考えます。

スクリーニングのためにはエジンバラ産後うつ病質問票は簡便で、メンタルヘルスの専門家でなくても誰にでも手軽に使用できます。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kodomo/koho/youshien_guideline.files/youshien_guideline_2-2-2.pdf

妊娠中、授乳中でも安全に使える抗うつ薬もたくさんあり、多くの場合は治療で症状が軽快します。上記質問票で産前産後うつが疑われる場合は、躊躇わずに精神科専門医を受診して欲しいです。

また、自宅にいながらにして受診できる遠隔診療が普及すれば精神科医への受診の敷居を下げられることが期待できます。日本での遠隔診療の普及推進は喫緊の課題だと思います。
社会全体で出産・育児を見守れる社会になりますように。