新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東電だけではないようですが、LNGの調達が足りません。「もっと在庫持っとけよ」と思う方もいるかもしれませんが、天然ガスは-162℃という超低温で液体にして輸送・貯蔵するので、低温冷却するタンクを大量にはもてませんし、LNGは長期保存には向かないのです。
石油は半年分くらい国内備蓄がありますが(オイルショックの後にできた石油備蓄法という法律による)、LNGは2週間分程度しか国内に在庫がないのです。
LNG船はカタールからだと約2週間、豪州からだと約10日、インドネシアからだと約1週間くらいかけてやってきますが、最後の荷揚げは陸とパイプつないで行います。冬の荒れた海だとそのパイプ接続は至難の業で、荒れているときは荷揚げをできない日も当然あります。

今回のLNG在庫不足の背景を語るには今後の検証を待たなければなりませんが、中国での寒波や炭鉱事故、豪州産石炭の輸入抑制措置で天然ガス依存が高まったこと、韓国でも公害対策として石炭火力を10基以上停止させたことで東アジアのマーケットが影響を受けたこともあるのだろうと推測しています。
こういうことがあるので、原子力も立ち上がっていない中で脱石炭を性急に進めることはリスクになるのです。確かに、石炭と比べたら温室効果ガスの排出は半分程度になるのですがね・・

発電設備の予備率もかなりギリギリですね。一般の方には5%余裕があれば「余裕じゃん」かもしれませんが、大型の発電所がどこかトラブルを起こしたりすると、一気に需給バランスが崩れてしまうので、供給側からすると胃がストレスでキリキリする感じですね。皆さんそんなこと、全くお気づきではないのでしょうが。。
LNG不足という形で日本のエネルギーセキュリティリスクが顕在化している。
近年、米州や豪州などの先進国からのLNG(液化天然ガス)の輸入が増加して地政学リスクは低下したものの、技術的な問題が発生していることから長期契約があってもLNG自体が輸入できない状況にある。企業の自家発電でも足りない場合には割高でもスポットのLNGをかき集める必要があるだろう。

因みに石油の備蓄は200日以上ある。
https://www.enecho.meti.go.jp/statistics/petroleum_and_lpgas/pl001/pdf/2020/201215oil.pdf
東電管内の需給がひっ迫しているのは寒波が続くこともあるが、総発電量も余裕がなくなってきていることがあるのだろう。原発の再稼働がないまま新規に火発に投資することも難しく、電力会社の経営が苦しい中での苦肉の策。
2018年にもありました。結局、柏崎刈羽が動かないと余裕がありませんね。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000119355.html
なんでもいいからとにかく全部だせと言っているらしい
原発が稼働できない状況では、やむをえない措置だと思います。

火力発電は環境面からバッシングを受け、原発も受け入れられない。

ああ、東電、如何せん…ですね〜。
明日以降冷え込みが続き電力需要が急増、「東電PGは発電設備を持つ複数の企業に、自家発電で余った電力を供給してもらうように打診している」とのこと。年末年始にかけては関西電力管内で需給が逼迫、他電力からの融通も受けていました。
確かに東電の現在の使用率ピーク時の使用率は94%となっています。
東電のでんき予報
https://www.tepco.co.jp/forecast/

LNG価格の高騰については下記記事でわかりやすく解説されています。
電力市場の異常な高騰はまだまだ続く? LNG供給に乱れ(日経エネルギーNext)
https://newspicks.com/news/5515912
えっと、カーボンニュートラルでしたっけ。
火力でやり続けるのは無理ですね。赤字垂れ流しの上に国防的にもやっぱり良くない。持続可能でもない。


何かを得ようとすれば何かを捨てる必要があるのですが、政治で解決するとその原則も乗り越えられるんですかね。
僕は原子力を取るべきと思います。
全員の安心させることは難しいと思いますが、安全にすることはできるはずです。
コロナに隠れているが、電力不足が深刻化。脱炭素社会の議論の前に、足元のエネルギーミックスと向き合わなければならない状態とも。
中国みたいに計画停電したら大変なことになるね。
そういえば中国やカリフォルニアの計画停電はその後どうなったんだろう
東京電力ホールディングス株式会社(とうきょうでんりょくホールディングス、英語: Tokyo Electric Power Company Holdings, Incorporated。 ウィキペディア
時価総額
4,982 億円

業績