新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現職です。

夢=職業
とされる現状は、教育現場でもしばしば見られる。何かを目標にして生活することの意義をとにかく力説する人間が多いこと多いこと。
ある意味では、それは至極当然で素晴らしいことだが、管理できない人間が立ち現れることを恐れる精神の動きでもある。
例えば、宿題や授業態度を指摘する場合に、目標がある人間に対しては「そんなことをしていたら目標達成できないぞ」と言いやすいのだ。要は、教員の思考の範疇で掲げられた目標=夢だと考えられている。

近年、将来の夢はYouTuberだと言う生徒が増えた。
しかし、ふざけていると言うよりも、今始められるように具体的計画を練ることが求められている。夢はYouTuberでいいじゃないか。笑顔に囲まれることでいいじゃないか。教員の範疇で子どもを測ると、教員以上に思考力や決断力を備えた人間が育つ可能性は低くなる。
私は自分よりも面白くない人間を生み出すくらいなら、教職を離れる。いつも予想外を生み出す人間にこそ価値がある。
教員は教員という職業をする自分しか知らない悲劇
Premiumを無料で体験
登録・ログイン