新着Pick
410Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ESGブームはいまや、実に辻褄が合っている。つまりは最もESGコンシャスな企業群は最もカーボンフットプリントを頑張っているビッグテックでありテスラであるが、彼らの株価が他セクタを大きくアウトパフォームしているからである。
テスラはまだ余談を許さないところもあるもののテクノロジーが牽引する経済社会という構造は当面は続きそう故にこの方向性は正しいと思う。
問題は日本株、日本企業。

ーー当社は運用資産36兆円のうち、国内株式が約3兆円あります。国内企業に3兆円投資するうえでの選別は難しいので、今は分散投資の観点からTOPIXなどのインデックスをもとに株式を買っています。そうすると、必ずしも環境コンシャスじゃない会社にも投資しないといけません。ーー

はっきりと日本はESG劣等生、それ故に組み入れも1割未満、と言われてしまっている。これ以上の説明はいらないだろう。つまり冒頭の通り、DXも遅れて、国内にテクノロジー産業クラスタも育成できず、重厚長大レガシー産業への依存が未だ抜けきれないイノーベータズジレンマに罹患している日本経済はESG的にも経済合理性からも良くない状況にある。
ESGについてあまり詳しくないのですが、長期ではESGに配慮しない事業は無くなっていくし、長期で投資する生保はロングタームでの投資なので相性は良いのだろうなと思いました。
ESGは必ずコモディティ化しますから、その中でも経済的価値と社会的価値を向上し続けられる企業の見極めが重要になってくることでしょう。

企業側にとっては、他社のESG経営や統合思考経営と、何が違うのかを経営レベルで議論し、社内外に共感いただけるようなコミュニケーションがますます必要です。
ぜんぶESG投資ではありませんが、、、
稲田社長がおっしゃるように、少しバブっている印象が強いです。(テスラとか)まあ、そっちに舵を切るのも経営判断でしょう。

株のリターンって、結局は売り込まれたボロ株がパフォーマンスに貢献する場合もあるので難しい。普通のインデックス投資が最高とは言いませんが、無難だと思っています。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート
第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
時価総額
2.26 兆円

業績