新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
既に現場では「トリアージ」も行われているのにこの有り様(コロナ陽性で高齢者など予後が厳しいと予想される場合、人口呼吸器管理、気管挿管などはしない方針を家族などに提案する場合が既にあります。その場合東京都がいう「重症者」に含まれません)。
予想できたことではありますが現実は厳しいですね。
今回のコロナは本当に人災。東京たった100人の重症者で医療崩壊って… この半年間何をやっていたのか… 米中みたいにコロナ専用の野戦病院を作れば良いだけなのに。

重症化する属性は明確なのだから、高齢者、基礎疾患がある人、高齢者施設や病院で働く人、高齢者と同居している人は不要不急の外出禁止、PCR検査の徹底。その他の人は手洗いマスクの徹底をしつつ3密を避けながら日常生活を送る。もちろん我慢を強いる人たちには何かしらの報酬を。これでワクチンが来るまで凌げば良い。

こうすれば経済のダメージを最小限に抑えながら、コロナの犠牲者も減らせるのに、再度の緊急事態宣言で、一億総国民「欲しがりません勝つまでは」みたいな科学的根拠がない精神論で壊さなくて良い経済を壊す。

本当に意味が分からない…
数だけでとやかく評価はできないですが、
箱根駅伝の中継の沿道を見ていれば
感染者が増加する理由とマインドは分かるような気がします。
きょう発表段階の重症者101人のうち、最も数が多い年齢層が70代で38人。60,70,80代合わせて81人。感染者最多層の20代は現時点でゼロです。高齢者層への対応が一層厳しく、重要になりそうです。措置後の回復にも時間を要することから病床調整も難しくなります。

入院・療養等調整中が3,015件。連絡待ちの間の健康管理も大事になっていますが、最前線の保健所スタッフの疲労が心配です。
医療側のキャパシティとしては看護職の定着率もあります。
この一年で責任感が強く優秀な看護師から急性期病棟を離れつつあります。この12月や3月を目処に戦力ダウンし、残された職員への負担が増えており悪循環になっています。
抜本的な解決策は感染者数が減る事です。金銭的な補助も不十分です。中々イイ見通しはないようです。
三ヶ日は、東京都は18時過ぎに正式発表です。やたら、煽らないで…

年末は何かと外出をしないといけない状況が多い訳ですから、年明けしばらくは感染者数は減らないだろうなと思います。
お正月は気が抜けて風邪を引きやすい時期、つまり全般的に体力や気力が抜け易い時期ですから、しばらくは減少する要素はないと思います。
これでお正月が明けてしばらくして感染者数がもっと増えると、流石に年末年始の浮かれた気分にはならないので、警戒して自粛する人が増えることを期待したいところです。

とは言え、寒さと乾燥が最大の悪材料でしょうから、ステイホームすれば大丈夫との言えない訳で、3密を避けると共に基本的には体調管理をきちんとする、手を洗う、マスクする…しか自己防衛手段はないですよね。
東京都の本日の新規感染者数は816人。重症者数が緊急事態宣言解除後はじめて100人を超えたとのこと。重症者数は感染者数と時差があると言われていますので、今後も注視したい数字になります。
コメント欄はいろいろ数字に対して荒れてます。
なので、数字よりは1人に対して少し想像していただければ。

ただ1人の医師として、1人の重症患者の対応は大変です。(もちろん最前線の医師は何人もの対応をしてますが)
重症患者を対応する1人の看護師も大変です。感染対策をしなければならず、精神的にも肉体的にも大変です。
1人の重症患者も大変です。重症じゃなくなったとしても、そのあと普通の生活へ戻るのには時間がかかります。重症じゃなくなったからといって、すぐに退院できるわけではありません。

現状として有効な治療法はステロイドくらいです。重症化してもその対応の知見が集まってきているだけで、薬を使えばすぐに良くなるものなんてないです。

せっかくワクチンという希望が出てきたので、なるべくかからないように今まで以上に個人でできる対策をしていきましょう。
バカでもこれからどうなるか分かる。
2月末まで自衛することをオススメします。
四月にも100人を超えていたのでこの記事は間違い

マスコミは「最多ウイルス」に感染している