新着Pick

中国「千人計画」に日本人、政府が規制強化へ…研究者44人を確認

読売新聞
海外から優秀な研究者を集める中国の人材招致プロジェクト「千人計画」に、少なくとも44人の日本人研究者が関与していたことが、読売新聞の取材でわかった。日本政府から多額の研究費助成を受け取った後、中国軍に近い大学で教えてい
594Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国との研究交流の問題は、近年、中国の軍民融合戦略が格段に深化していることへの認識が大学関係者の間で決定的に欠如して、その結果、中国の軍事力の高度化に結果として貢献している自覚がないこと。

そもそも輸出管理の問題ととらえるのは間違い。基礎研究はそもそも輸出管理の法規制の対象外。米国では米国の公的資金を受けながら中国からの資金供与を受けるのは利益相反になり得るので「研究の公正さ」(リサーチ・インテグリティ)に反するとされている。そこで開示義務が課されているのだ。

それを米国の学術界が自主的に提言して義務化されたことに注目すべきだ。日本の学術会議との彼我の差がここにある。

もちろん根底に大学運営費補助の削減、科研費等の削減という貧弱な大学行政、科学技術行政に問題がある。国内での待遇改善などは急務だ。
既知のことと思いますが,留学生,研究者の受け入れ,物品の持ち出しについては安全保障貿易管理の対象になっています.
https://cistec.or.jp/service/daigakukaiin.html
一方,研究者(頭脳)の流出については一般的な渡航に関する制限以外はありません.道義的責任以外に,悪いのかどうか,何が悪いのかさえ分かりません.
規制もそうだけど、まずは日本の大学の研究者の待遇を改善をしなきゃ、、、、

今日の小島ふひとさんの記事よんだら、大学レベルでは問題は認識されてるようで光が見えた感があったのですが、やはり国が動かないと。
記事を読むと日本学術会議が深く関わってるかのような印象を与えているが全くの誤解です。また、研究者の行動が悪いかのような印象を与えかねないのでコメントします。以下は基礎科学分野の研究者に関しての僕の理解です。

(1) 研究者の共通言語は英語であり研究成果は論文として発表することが求められる。なので英語でコミュニュケーションできる職場であれば、全世界の様々な国の大学や研究機関に職を求めることができる。その中でより良い待遇や相性の良い場所を求めることは自然なこと。学術会議に選出されるような研究者は研究者として世界的に高名な方が多いので、中国からオファーがあっても不思議ではない。広い意味で頭脳流出を防ぎたいのであれば、日本政府が研究者や大学院生の待遇や研究環境を整えて列強各国に対して競争力をつけるべき。

(2) 研究者の成果である論文はインターネットさえ使えれば中国はおろか全世界の誰もがarXivやbioXivなどのプレプリサイトで無料で読める。つまり、研究成果は人類共有の知的財産である。裏を返せば、その成果を軍事研究に利用しようと思えば誰でも利用できる(中国政府の軍事利用の真偽は不明だが、だとしても中国政府に限らずどの国でも可能)。

(3) 科研費を貰ったのになぜ?とあるが、そもそも科研費は期限付きの競争的資金であり一つの科研費プロジェクトの多くは2年から5年で完了する。そしてその期間は毎年成果報告を出すことが義務付けられている。つまり科研費を獲得したことのある研究者は無期限に責任を負う必要はなく、システム上はあくまで有期責任である。
中国での研究で軍と民を区別することは不可能。軍が利用できる民間技術は軍に吸収される。それを知る科学者が日本の科研費を受け取ったことがあるのに中国で研究に従事するのはフェアでない。
研究者の奪い合いはサッカー選手の移籍市場のようなもの。カネのあるところが買いあさるし、敵のチーム力を下げるために移籍させるという手も使う。弱いチームは弱いチームなりの戦略を立てるしかない。
軍事研究への科学の利用が問題だとして、研究者にとっては潤沢な研究費のある研究環境が頭脳流出の引き金となるのであり、そのような点を改善して頂きたい。
中国に最先端の頭脳が集まっているならばそこで新たな知識を学んでくるチャンスも多いのでは?アメリカは良くて中国はダメと言うのは、日本独自のポジショニングとしてオリジナリティーを感じない。そもそも日本の研究者給料もう少し上げるなどの待遇改善をする必要があるのでは?
中国の軍民融合は今に始まったことではありません。習近平氏が共産党総書記になって以降、特に軍民融合という言葉が取り沙汰されますが、以前は、軍民結合と言っていました。中国では、そもそも、軍と民の区分はないのです。中国国内にあるものは全て共産党が動員できるという政治体制なのですから、当然であるとも言えます。
日本は、研究者だけでなく、中国を日本や米国等と同様の国であるように考えているのではないかと感じることがあります。中国と交流するのであれば、中国の政治体制やその影響等について理解しておく必要があるでしょう。
日本政府としても、研究者や技術者の流出について規制することは重要です。しかし、それだけで、日本が中国に対して科学技術分野で優位を保てることにはなりません。
研究者として潤沢な資金と研究に没頭できる環境は魅力的です。しかし、日本は知識や技術に対してお金を使わなさ過ぎのように思います。記事には、科研費のことが書かれていますが、期限付きのお金だけでは研究を続けるのに不安があるでしょう。また、将来が約束されないのでは、研究を志す若者を増やすこともできません。
現在の大学では、予算が削られ、教授自らが研究以外の仕事をしなければならなくなっていると聞きます。それは、研究者にとって理想的な環境とは言えません。日本は科学技術立国などと言っていますが、このような状況ではとてもそんなことを言っていられないでしょう。
さらに言えば、理系ですらそのような状態なのに、文系はさらにひどい状況です。待遇が悪いというだけでなく、若い研究者は職を得ることすら難しいのです。日本でも、理系文系を問わず、日本において素晴らしい研究が継続できるように環境を整えてもらいたいものです。政府が期限のついていないお金を大学や研究機関にしっかりと注ぎ込むことです。そうでなければ、日本は頭脳や技術で世界各国と勝負できない国になってしまうでしょう。
国家安全保障の議論は必要と思うが、そもそももっと研究開発費を国として持つべき。自国の研究者を引き止めることに加えて、本当はさらに日本版千人計画的に海外人材さえ惹きつけられるようになれば良いと思う。報酬だけでなく、様々な面で研究開発の場を魅力的にしなければ。全ては競争。日本は競争に負けているから、自国の研究者さえ日本を飛び出す。